4. ピカレスク自叙伝 (1970年)