スペインの日本さん

 スペインはセビリヤ近くの人口3万人ほどの小さな町コリア・デル・リオ(Coria del Rio)に、日本(Japon)さんと称するスペイン人が600人以上も暮らしていることをご存知だろうか。実は私も最近まで知らなかったのだが、一昨年から昨年にかけての日本スペイン交流400周年の折りに初めて知った。彼らは、約400年前の1613年10月に海を渡った「慶長遣欧使節」の末裔とされる。慶長遣欧使節とは仙台藩主・伊達政宗がノビスパニア(メキシコ)との通商条約締結を求め、イスパニア(スペイン)国王及びローマ教皇の元に派遣した支倉常長率いる使節団のことだ。約200人の一行は月浦(現・石巻)を出航し、3年がかりでメキシコ、スペイン、ローマを訪れた。この時、帰国せずスペインに留まった日本人がコリアに住み着き子孫を残したと考えられている。

 ところが今夕、そのハポンさんの一人が我が家を訪れたのだ。橋渡しはいつもの通りロブレードさん。一昨日、久しぶりに電話をかけてきた彼が、今回来日したハポンさんが南相馬を訪れるのだが、もしよかったら会ってくれまいかとの連絡。もちろん快諾した。コリア・デル・リオ市役所内の日本関係事務局のフェルナンド・プラテーロさんとハポンさんが、日本人通訳の青年を連れて、今夕車で南相馬に到着。駅前のホテル伊勢屋に投宿した彼らを、折よく今日は土曜なので友人の辻先生に頼んで連れてきてもらったのである。

 おかげで夕方六時ちょっと過ぎから八時近くまで、実に楽しいひと時を過ごすことができた。今日いらしたハポンさんは、私と同じ元大学教授で、話はあちらのハポンさんたちのことより、もっぱらスペインと日本の関係、つまり私が日ごろ考えていたことについて、最初から話が白熱して、せめてもと出したお茶とみかんなどそっちのけで、私の下手なスペイン語でも結構話がかみ合い、あっと言う間の二時間だった。

 話の内容について報告したいのだが、今晩はさすがに疲れたので、それは明日ということにしよう。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください