ペソア再説は口実

 このところ机の上の書見台にはいつもスペイン語版のペソア『不安の書』が載っている。まだペソア三昧状態が続いているわけだ。といってページを追って熟読しているわけではない。ときおり気が向いたら、目の止まったところをゆっくり読むのである。時に解釈に苦しむ時は、邦訳の該当箇所を探すのだが、スペイン語版の通し番号は476番までで、その後「補遺」34編が続く。しかし邦訳では460番までで、それらが三部に分かれている。いやそんなことより両者の構成がまるっきり別々で、たとえばパスカルの『パンセ』のようにきっちり番号が固定されているわけではない。

 つまり該当箇所を探すのはほぼ無理。だから邦訳の該当箇所を探すうちに面倒臭くなって、こんどは邦訳の適当なところを読み始めたりしている。もともと系統立って書かれたものではないのだから、こういう読み方も許されるはず。

 先日アマゾンの商売上手のことを話したが、今日も何気なく自分のカートの下に出ている「おすすめ品」を見ているうちに英訳版が欲しくなってしまった。ペンギン・クラシックスで出ているのだ。2002年出版で544ページということだから抄訳でなく全訳らしい。邦訳はクアドロス編の『全集』に拠ったということだが、ブラジルからもゼニスという人の編集で出ているそうで、英訳がそのどちらを定本にしたか気になる。つまりスペインのアンヘル・クレスポのように単なる翻訳者ではなくペソアを熟知した編者の手になるものだったら、英訳版の通し番号もまったく別物という危険性があり、そうなると三つの版を比較しながら読むことは不可能で、初めからまったく違う作品と観念して読むしかないであろう。

 とここまで書いてとりあえずアップした。今日の日付をもらいたいからである。つまり、ぶっちゃけた話、今日は実は机に向かっても種切れというか頭に何も浮かばなかったので、ついペソアをダシに無理に話をでっち上げたのである(もちろん書いている内容そのものは嘘ではない)。なにもそこまでしなくても、と思われるであろうが、三ヶ月ぶりに再開して今日まで連続八日間続けたのはいいが、ここで途切れたらまた数ヶ月書かなくなる(書けなくなる?)のでは、という強迫観念に捉われてしまったのである。

 とんだ醜い楽屋裏をお見せしてしまったが、明日からはもう少し余裕をもって、つまり書けないときはニ、三日休むくらいのペースで、気楽に書いていこう。それにしても明日が今年最後の日になってしまった。なんと月日の経つことの速いこと!

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください