タカシです

雨も降ってるし、今日は(も)モノディア休みます。代わりにちょっとふざけます。
 生後五ヶ月の赤ちゃんの世話で、毎日楽しくてしょうがないらしい娘が、メールでこんな文章を送ってきました。

「〇 イカを飲み込むタイミングがわかりません。ヒロシです。
 〇 ついに男か女か判らない人を好きになってしまいました。ヒロシです。
 〇 週に一度は体の一部がケイレンします、ヒロシです。
 〇 自分の部屋が一番落ち着きません、ヒロシです‥ヒロシです………」

 ‥娘までヒロシファンになっちゃいました。
 それで私もこんな文章を娘にメールしました。

「〇 便座から立ち上がるタイミングが分からんとです、タカシです。
 〇 バカ犬のおしめの換え時がときどき分からなくなります、タカシです‥タカシです‥」。

 これ完全なパクリです。

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

日本のスペイン思想研究者。1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。2018年12月20日、肺がんのため宮城県立がんセンターで死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク