11-M以来

M・H君、二回目のメールありがとう。第一回目の、というより君の卒業以来最初のメールのアドレス末尾がesとなっているので、たぶんスペインからかな、と思いましたが、滞西十五年目とか。というと、卒業後スペインに渡ったままそちらに住みついたということかな。四期生だから、常葉では私とはほとんどすれ違いになってしまいましたが、ようやく(?)優秀な男子学生が入ってきたと、先生たちが喜んでいたことを覚えています。なにせそれまでは女子の方が全てにわたって勢いがあり、どうも男子学生の影が薄かったからです。
 そんな男子学生の一人が、そちらの大学でスペイン近代史の博士号をとり、現在は私立の癌研究治療センターで働いているとのこと、できすぎです。君が挙げた同級生たちの名前を見て、少しずつ記憶が蘇ってきました。K・Tさんはエル・パソで働いていて、H・Sさんはエルサルバドル人の旦那さんと結婚後、カナダのモントリオールに住んで、二人の子持ちとか、常葉の卒業生も国際的になってきましたね。ところで君は、結婚したの? もしかして、奥さんはスペイン人で、もうパパになっているのかも。
 ところで文中、「11-M [二〇〇四年三月十一日] 以来、先の事など分からない世の中になってしまったので、今を充実して送ろう、と毎日、自戒しています。11-Mのショックから心理的に立ち直るには、かなりの時間がかかると思いますが。」とあったので、あゝそうか、マドリードにいたらあの事件は強烈に受け止めざるを得なかっただろうな、と思いました。そう言えばもう一つの爆破テロも今では11-S [二〇〇一年九月十一日] と言われるようになってしまいましたね。もうこれ以上 11 という不吉な数字が増えないように、と願わざるを得ません。
 今夕、イラクで解放された日本人三人が帰国したようです。解放の喜びなど一切見られぬ暗い顔での帰国です。ここまで追い詰めたのは、お為ごかしの同胞たちです。記者会見には欠席というニュースを聞いてほっとしました。涙ながらの謝罪を期待する残酷な奴らのことなど気にしないで、今はゆっくり休んでほしいと思います。
 ともかくもっと詳しい近況など教えてください。君のため、一度はずした私の写真をまたフロントページに載せました。白くなったので口ひげも今はありません。では今夜はこのへんで。

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

日本のスペイン思想研究者。1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。2018年12月20日、肺がんのため宮城県立がんセンターで死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク