風情のある木ーさん

六号線を浪江町から双葉町に入ろうというあたりに、何とはなし風情のある大きな木が立っている。妻はその側を通るときにはいつも「あっキーさんだ!」と叫ぶ。時には「キーさん今日は!」などと挨拶する。何という名かは知らないが、左右 … 続きを読む 風情のある木ーさん