ネットの海に漂う子供たち

佐世保の小学女子児童の殺傷事件にインターネットがどの程度かかわっていたか、見極めの難しい問題である。今日の「朝日」の社説「ネットの海にただよう子」は、そんな難問に近づくためのいくつか重要な示唆を含んでいる。最近あまり新聞の見出しなどに感心することは無いが、今回の見出しはなかなかいい (もっとも私だったら “ネットの海に漂う子供たち” とするであろうが)。適切な指導も準備もなく、得体の知れぬネットの海に乗り出す子供たち。「総務省の昨年末の調査によると、小学生のインターネット利用率は六二%に達した」という。ケータイなら分かるが、まさかインターネットの利用率がそこまで伸びているとは思ってもいなかった。もっともこの数字は、授業の一環としてインターネットに触れてみることも数えているのかも知れないが。
 私自身、いわゆるハンドル・ネームを使ってはいるが、匿名性の陰に隠れようなどと思ったこともない。この「日録」に限らず、他人からはなにもそこまで露出しなくても、と思われるくらい自分を表現してきた。しかしそれでも隠しておきたいこと、他人に知られるとヤバイことはゴマンとある。かと言ってそんなことまでさらけ出すつもりは毛頭ない。それに表現したい自分は、生きている以上無限と言っていいほど次々と出てくる。それだけ人間は深淵をかかえた存在だということである。
 今日の夕刻は、日の翳り方とか、一日中蟠っていた熱気が柔らかい風に次第に鎮められていく様子とか、急にスペインの夏が懐かしくなる瞬間があった。それで久しぶりにアリアドネというサイトの中をスペインの地方紙を探して歩いてみた。グラナダ、アリカンテ、ラ・コルーニャなどかつて訪ねたことのあるスペインの町々が出てきた。それでは今日はセビリアにしようか。今日の最低気温十七度、最高気温三四度。あの炎熱と目を射る光の町セビリア、そして夕方、路地裏を吹きぬける微風の感触まで思い出した。
 いや言いたいのは、それでなくても辛く狭い人間関係を、さらにチャットで濃密で抜き差しならぬものにするのではなく、ネットの青い海原の波頭を越えて、未知の大陸を、未だ見ぬ魂たちを目指して、爽やかな海風に吹かれて彷徨う楽しみを、若いインターネッターに勧めたいのだ。来週から始める自主「スペイン語講座」も、そんな夢航海の手助けになればと思って始めるのですぞ。

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

日本のスペイン思想研究者。1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。2018年12月20日、肺がんのため宮城県立がんセンターで死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク