光と風のきずな(二)

 上田氏の消息は、少なくともネット上では確認できなかったが、編集の諏訪三千男さんの消息はつかめた。大変残念なことに2008年に亡くなられていた。1937年生まれとあるから、私よりわずか二歳年上なのに残念なことだ。
 
 『光と風のきずな』のことで何回かお会いしたし、それが一段落ついたあとでも何回か手紙のやり取りがあった。彼が手がけたテレビの「ムツゴロウ」シリーズの苦労話を聞いたか読んだかした記憶がある。つまり出たがり屋のムツゴロウさんを編集でいかに抑えるかについてなど。編集マンとして、彼は第一線で活躍したようだ。1965年のフランキー堺主演の『あんま太平記』から1999年の耳の不自由な女性(忍足亜希子演ずる)を主人公にした『アイ・ラブ・ユー』まで数多くの映画を編集するかたわら、1993年には「日本映画・テレビ編集協会」の第二代目理事長を務めた。
 
 ともかく『光と風のきずな』は、他に撮影の高松重美さんなど優秀なスタッフ陣に支えられて、文部省特選、芸術祭優秀賞・厚生大臣賞、動物愛護映画コンクール優秀賞などを受賞した。映画のエンド・ロールに協力者の一人として自分の名前が出てくるなんて経験は後にも先にもこのときだけである。
 
 そうそう、この映画のおかげで、赤沢さんと一緒に森光子さん司会の「三時のあなた」に出たこともある。放映のすぐあとで、それまで消息が途絶えていた美子の友だちが、たしか北海道の稚内からだったか、電話をかけてきて、テレビの伝達力のすごさに驚いたものである。
 
 さらに余談を二つ。 ナレーターは市原悦子だが、上田さんの話だと最初王貞治を考えていたそうだ。市原悦子でよかったのでは。それから映画の冒頭、空港ロビーで赤沢さんたちを見送りにきた人たちが映っているが、私たち家族の姿はない。実はその日はどしゃ降りで、二子玉川から車を……そうだ先日は羽田と書いたが、そのころはもう成田からだった……飛ばし、着いたときは撮影が一段落したあとだった。ただ飛行機の中、そしてパリからスペインに向かう列車の中でずっと赤沢さんが持っていてくれたのは、美子が贈った花束である。
 
 というわけで、以上『光と風のきずな』を契機に、ここに書き付けなければ永遠に消えていったはずの思い出である。忘れ去られてもいいようなつまらぬ過去の断片ではあるが、でも思い出して、そして書き残してよかった。それだけ自分の過去が豊かになったからである。それにしても、あの上田さん、今ごろどうしているんだろう?

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください