村上陽一郎先生

 

「独自の生き方を全うされました」。死後、図らずも、あの村上先生からこのような言葉で父が評されたことに、運命的なもの、死を越える劇的な生の展開というものを感じずにはいられない。限りないリスペクトのこもったこの言葉を、父はどんなにか喜んでいることだろう。

以下、引用。

個人的なことになりますが、一九三二年生まれの桑名氏を除けば、他の三人の訳者にはいずれも面識があります。
寺田氏は一九二八年生まれ。面識どころでなく、学生時代、少壮人類学者、アンデス文化研究の専門家として活躍中であった氏に、大学で初級スペイン語の講義を受けています。神吉氏(「かんき」とお読みします)は一九三二年生まれ。上智大学ではスペイン語およびスペイン美術史の泰斗として、先輩教授でありましたし、佐々木氏は一九三九年生まれ。上智大学では神吉氏の弟子でもあり、一時期イエズス会員として司祭を目指しておられた方で、その後、清泉大学を経て、独自の生き方を全うされました。

 

ホセ・オルテガ・イ・ガセット『大衆の反逆』書評

Please follow and like us:
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください