光と風と夢

 やり残していること、つまりそれを片付けなければ死んでも死に切れないということが、ずいぶんと溜まってきた。もちろんそのうちのいくつかは、おそらく実現不可能で、あきらめるしかないものである(あろう)。たぶん実現不可能であろうと思っていることの一つは、旧満州熱河省の灤平を再訪することである。実は去年の前半くらいまでは、美子を連れて、ぜひ行ってみたいと思っていた。ちょうどそのころまで、北京大学でスペイン語を教えていた友人のOさんも通訳を買って出てくれてもいた。
  
 しかし美子を連れての長旅にだんだん自信が無くなってきた。4歳から6歳まで約二年を過ごした地、そして何よりも亡き父の終焉の地である灤平(ランペイ)再訪は長年の夢だったが、無理をしなくてもいいかな、それよりも想像力を働かせて、実際の再訪よりも意味のあることをしたい、と思うようになってきた。
 
 つまり父は旧満州にどのような夢を持って渡ったのか、その夢が過酷な現実にしだいに打ち砕かれてゆく過程で、どのようなことを思っていたのか。そして34歳の若さで病の床に伏したときの無念さはいかばかりであったのか、そんなことを追体験したい、と思い始めたのだ。もしそれができるなら、実際に彼の地を訪ねることよりも数段意味があるのではないか、つまり亡き父のための供養になるのでは、と思い始めたのである。

 漠然とではあるが、そのためのヒントになるかも知れない、と目星を付けているものがある。中島敦の『光と風と夢』(1942年)である。いずれしっかり読まなければならないが、ただごくぼんやりと、この小説が、戦争という大きな波に翻弄され、いずれ自分がその中に埋没してゆくであろうとの暗い予感の中で、しかも必死に自分を立て直そうとした作品であると理解している。

 もちろん小説は、若くして肺を病み、転地のため旅を重ね、最後はサモアのウボル島で死んだイギリスの小説家ロバート・ルイス・スティーブンソンの日記の形をとっているのだが、パラオ南洋庁書記として赴任しながら、気管支喘息の病状が悪化して帰国後間もなく死んだ中島敦自身の投影であることは間違いない。

 南洋と旧満州、と舞台は大きく異なるが、生年、教員から役人への転身、病、没年などわずか1年のずれ以外ぴたりと重なっており(中島敦1909-1942年、父1910―1943年)、前から気になる作家であった。ちなみに娘の名前は彼の名前から取ったものである。

 先ほど、筑摩書房『中島敦全集』全3巻を廊下の書棚から持ってきた。うーん、そろそろ少し気合い入れて読みましょうか。ところで父の遺品は、親族宛ての数通の手紙と手帳式の日記帳、そしてケース入りのバイオリンだけか。その手帳も病を得てからのものなのか、巻末の住所録と義弟(つまり私の叔父)の詩稿だけしか書かれていないのが残念でならない。
 
 なんだかこのごろ、できもしない構想をいくつもぶち上げているようで心苦しいが、まっそのうちの一つでも実現できれば、との太い了見からであるので、どうか長ーい目で見てください。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください