死の覚悟


 いつもの通り本の整理をしていたら、生松敬三さんの『書物渉猟』上下 (みすず書房、一九八四年十二月刊) が出てきた。その年の五月にガンで逝った著者の遺稿集で、親友の木田元氏が編集したものである。「編集後記」によると、著者は余命いくばくもないことを重々承知しながら死の前日まで読書と執筆を悠然と続けられ、あまつさえ死の前年の六月から九月にかけては奥様同伴でウィーンに研究旅行までされている。そしてその際、二〇箱にも及ぶ書籍を購入したということだ。一九八四年五月といえば、私自身は清泉女子大から静岡の常葉学園大に移ったばかりだが、その前年にお便りをいただいて感激したばかりだったので、氏の突然の死に非常に驚いた。ただ新しい任地での雑事にかまけて、氏の死と業績のことをきっちり考えてみることなく今日に至ってしまったのだ。
 ところで思想史家として生松さんの令名は早くから知っていたが、より身近に感じられたのは、氏が白水社の『オルテガ著作集』に「哲学とは何か」の訳者として参加されたときからである。もちろんドイツ語訳を参考にはされたであろうが、敢えてスペイン語原本をテキストにした一事にも、氏の学者としての生真面目さが窺える。どうして氏からお便りを頂いたのかは記憶していないが、おそらくこのオルテガに関してのやり取りからでは、と推測される。間違いがなければ、それは丁寧な字で書かれたはがきだったと思うが、今のところまだ見つかっていない。
 氏は昭和三年 (一九二八年) の生まれだから、亡くなられたときはまだ五六歳である (!!!)。なんという若さだったろう。氏はその対象に関して洋の東西を問わないたぐい稀な思想史家であり、私自身、彼の快刀乱麻を断つ切れ味鋭い文章から大いに刺激され、覚醒された。近代日本の外国思想導入の歴史からすれば、氏がドイツ哲学をその研究の中心に据えておられたのは思想史家として幸いしていたと思うが、しかし彼のような仕事のできる人が次世代から出てきているのだろうか、と考えるとそのあまりに早い死が今更のように惜しまれてならない。
 しかし現在の私自身にとってもっとも関心があるのは、死を前にした彼の覚悟に関してである。自分だったらどうであろうか、と考えるとき、あゝまだまだ人間できていないぞよ、と自戒するのである。そして、彼の遺徳を偲んで、『書物渉猟』の背革布表紙の合本を造って合掌するのみである。  (10/31)

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください