想像都市ブリュージュ


 いつか機会があれば行ってみたい、と思う外国あるいは外国の都市はいくつかあるが、そのうちの一つがベルギーのブリュージュである。
十六世紀スペインの人文主義思想に興味を持ち出してからかなりの年月が経つ。なかでもユダヤ系知識人のことが気になっている。ビトリアやラス・カサス、そして聖テレサたちである。しかしいつかはその実像に迫りたいと特に思っているのが、ルイス・ビーベス (1492-1540) である。彼に関する論考もいくつか書いたが、それだけでは足りなく、史実と想像を綯いまぜにした小説もどき『ビーベスの妹』というものも書いた。そのビーベスが後半生を過した町がブリュージュなのだ。
 だが、現実にブリュージュの町を訪ねることはあるまい。いやブリュージュだけでなく、他の訪ねてみたい外国あるいは外国の町にも行くことはないと思う。断念の理由など特にない。飛行機が怖い、病人や老人や、世話しなければならない動物たちがいる……しかしそれらとて決定的な理由ではない。海外だけでなく国内にも行ってみたいところが無いわけではないが、それらをも、訪ねることはないであろう。
 別にバッパさんに抵抗しているわけではない (と言い出したのは、やはり対抗意識があるのか)。つまりバッパさんは、「国内でまだ行かねーところは〇〇と◇◇だけだー」と言う (癪だからしっかり地名は聞き流した)。現天皇がまだ訪問していない県は鹿児島ともう一県 (これはちょっと失念) だけらしいから、これは自慢してもいいことだ。しかし私たち夫婦には、老後 (とは今かいな?) 名所旧跡を訪ねたいなどという欲望はどうも希薄である。寅さんちのおっちゃん夫婦の言い草ではないが、「あーやっぱし家がいちばん」と、どこにも出かけないのにそう思っている。つまりは出不精であり億劫なのだ。
 だからブリュージュには想像の翼を駆って訪ねようと思っている。それで今、ローデンバックの『死都ブリュージュ』を読んでいるのである。国書刊行会の「フランス世紀末文学叢書」の一冊だが、もしかすると窪田般彌訳の方が良かったのでは、と思っている。「大事」が「大じ」などと表記されているのが気になってしょうがないからだ。それだけでは心許ないので『旅名人Special』vol.2の特集「もう一つの《水の都》ブリュージュ」の素晴らしいグラビアを見ながら、ビーベスの時代とあまり変わらぬ古都を歩きまわっている。
(1/13)

 

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください