薬の話

 以前、といってもかなりの昔、島尾敏雄さんが亡くなってすぐの頃だから、正確には1987年(昭和62年)、確かその島尾さんを偲ぶ会に出てこられた埴谷さんが、紙袋に大量の、というより色とりどりのの薬を携帯されていることにびっくりした記憶がある。それだけ多様な持病を患っておられたわけだ。氏はこのとき77歳、それから10年も生きられたのは、薬のおかげもあったであろう。

 のっけから薬や病気の話で申し訳ない(だれに?)が、いつのまにか私も薬の助けを借りるようになってしまった。こんな話だれにも興味のないことだろうが、もしかして同病相憐れんでくれる人や、その予備軍になるかも知れぬと戦々恐々としている人には、あるいはいっときの慰めになるやも知れぬから、この際詳しく書いてみよう。

 現在飲んでいる薬は4種類。すなわち血糖を下げるアマリール1mg錠(朝夕1錠ずつ)、アレルギー性疾患の治療薬アレロック錠5(朝夕1錠ずつ)、体内のインスリンの作用を助けるアクトス錠15(朝1錠)、そして高脂血症のためのリバロ錠2mg(朝1錠)である。数値は安定していて特に心配はないそうだが、最後の悪玉コレステロール対策の薬は数ヶ月前に増えた薬で、これだけは早く飲まないようにしたいと願っている。

 ところがこの暑さで、散歩はすっかりサボっているため、私も美子も体重が増えている。それで数日前からネットで購入したサプリメントを毎日二人で3錠ずつ飲み始めた。ライオンから出ている「ラクトフェリン」で、鉄吸収促進、細胞増殖および分化、免疫機能調節、抗菌、脂質の過酸化抑制に効くらしい。平たく言えばポッコリお腹をへこませるためである。

 美子は特に薬は飲まず、その代わり森永の「カルシウムの達人」というミルクを毎日飲ませてきたが、今回それにラクトフェリンが加わったわけだ。「薬漬け」などといういやな言葉もあるが、いまどきのサプリメントにはだいぶ良いものがあるようだ。実はばっぱさんにも、一月ほど前から「皇潤」を飲ませている。三国連太郎と八千草薫のコマーシャルで有名なあの皇潤である。押し車を押すときに、膝がカクカク言って、歩行が難しくなっていたのに、これを飲むようになって心もち滑らかに(?)歩けるようになった。

 九十八歳のばっぱさんに「わたし、これで楽に歩けるようになりました」などとしゃべらせて、コマーシャル代を稼ごうかな、と思ったが……まさかウソですよ。

 薬の話ばかりで、なんだか自分でも悲しくなってきました。実を言えば今日、わたし七十一歳になりましたです。島尾敏雄より二歳年上です。でもまだ元気です。だからもう薬の話は終わりにします。 

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください