凄まじい揺れでした

昨夜襲った地震。幸いにして母をはじめ家族みな無事でした。母の寝室は、茶箪笥の上の大きなスピーカーが落ちてきましたが、長押に止められて、横の母は危機一髪でセーフでした。それにしても、あの地鳴りを伴った地獄のような破壊の音、そして揺れは、大震災の時よりも強烈だったように感じました。3.11の時は「巨大地震だ」と思いましたが、今回は地震というより地球が爆発して終わりが訪れるのかと本気で覚悟したほどでした。私の中では明らかにインパクトが異なりました。しかし、揺れの時間が震災の時ほど長くなかったので、壊滅的被害からはまぬかれました。ただし、父の大切な本たちが床に落ちて散乱し、天を仰ぎました。水道は一時止まりましたが夜半に徐々に復旧していきました。訪看さんともつながり、今朝も通常のケアをしてくださいました。今後一週間ほど強い余震に警戒が必要です。

Please follow and like us:
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください