お富士さんはどこに……

ここ数日、チャンネルをひねればイラク報道、とうぜん今はすべての情報が管制下にあり、当局が知られたくない情報は篩にかけられているであろうから、見る気も起きない。解説者たちはテレビ局ご用達のホテルから連日のご出演。どもどもご苦労さん。イラク自由だか自由イラク作戦だか、問題の本質を見事すり替えた命名に早くも迷わされる人たちも出てきた……やめようこの話は。
 そんなわけで(下手な芸人の意味のない繋ぎの言葉である)急にアノ小説が読みたくなった。アノなどと意味あり気に言ったのは、作者名も、たぶん題名もうろ覚えだからである。いや作者名ははっきりしている。鈴木三重吉である。題名も『千鳥』だと思う。出だしは今まで私が読んだ小説の中で第一番にくる出だしである(なのに正確に覚えていないのはおかしいが)。「千鳥の話はお富士さんから始まる」……だったと思う。今日の午後、階下の未整理の本棚を再三再四探しまわったのだが、見当たらない。たぶん最初に読んだのは中学一、二年生のころ。角川文庫の三重吉短編集の冒頭の作品だった(と思う)。小説の中の季節は春だったかな。だからがぜん春めいてきた風景の中で急に読みたくなったのであろう。お富士さんは、もしかすると小説の中の女性を恋した最初の人ではなかったか。胸のあたりが妙に苦しくなった感触がかすかに残っている。
 探し回ったのにはもう一つわけがある。ここ数日のささくれ立った時間をなんとかやり過ごすには、装丁の作業にしくはないと思い、今回は文庫本をターゲットにしていたからである。先日、迷いに迷って、鼠色の豚革のジャケットを解体した。豚だけあって、ビミョーな臭いが気になっていたし、何よりも重くて、そのわりには暖かくなかったからだ。これで何冊の本の背革ができるだろう。いい色合いの藍染めの反物もまだかなり残っているぞ。国際法による戦争の定義がどうなっているかは知らないが、どう考えても今回のものは戦争とは言えない。一歩も外に出ない相手を、まるで猫が鼠をいたぶる……やめた、先ほどの話に戻る。
 まずギュンター・グラスの『ブリキの太鼓』上中下、フレイザーの『金枝篇』5冊、『唐詩選』上中下をそれぞれ合本にして、それに鼠色の背革と布を貼り、最後にワープロ仕上げの金色題名を打ち込んだ黒いラベルを貼ると、世界に一つしかない豪華本に生まれ変わった。その流れで三重吉を探したのだが……
(3/21)

佐々木 孝 について

佐々木 孝(ささき たかし、1939年8月31日 – 2018年12月20日)は、日本のスペイン思想研究者。北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。5年半の修道生活の後、1967年同会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授を経て、1982年教授となる。1984年常葉学園大学(現・常葉大学)でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、講師として専門のスペイン思想、スペイン語を東京外国語大学、駒澤大学、法政大学、早稲田大学などの大学でも教える。2002年、定年を前に退職、病身の妻を伴い福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり、富士貞房(ふじ・ていぼう、fuji-teivo、――スペイン語のfugitivo「逃亡者」にちなむ)の筆名で、専門のスペイン思想研究を通じて確立した人文主義者としての視点から思索をつづったブログ「モノディアロゴス(Monodialogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」を死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。作家の島尾敏雄は従叔父にあたる。 2018年12月20日、宮城県立がんセンターで死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください