思いやりとこだわり

 いよいよオルテガ『大衆の反逆』が動き出した。「フランス人へのプロローグ」の最終チェックを終え、昨日から第一部に入った。そろそろ解説のことも考えなければならなくなってきた。『大衆の反逆』の解説は、すでに2002年、寺田和夫訳中公クラシックス版の時に書いている。そして自画自賛で失笑を買うであろうが、大変な自信作で、今読み返しても満足できる出来なのだ。
 
 だから本音を言うと、できることならそのまま今度の訳に使いたいくらいなのだが、まさかそんなことが許されるはずもない。新たに書くとなったら、エヘン(これは単なる咳払い)、ハードルが高くなるが致し方ない。
 
 ところで、『大衆の反逆』は、今度で六番目となる。つまり五人の錚々たる先輩方の訳業が存在するということだ。それらを年代順に並べてみる。

① 佐野利勝訳、筑摩書房、1953年12月25日
② 樺 俊雄訳、東京創元社、1953年3月25日
③ 神吉敬三訳、角川文庫、1967年
④ 桑名一博訳、白水社、「オルテガ著作集」第二巻所収、1969年。
⑤ 寺田和夫訳、中央公論社、「世界の名著56」所収、1971年

 ①と②はドイツ語からの重訳であるが、発行月日をみても分かるとおり、わずか9ケ月の差しかないが、互いにまったく知らなかったようだ。あるいは知ってても無視したか。

 また③~⑤は、それぞれ、ちくま学芸文庫、軽装版、中公クラシックス版が出ているから、トータルとしてかなりの数の翻訳が出回っているわけだ。

 いやそんなことより、恩師や先輩の訳業があるのに、あえて新訳を出す意味は何か、と問われれば、答えに窮する。出版社側の意向は、とあえて虎の威を借りるなら、「いま、息をしている言葉で、もう一度古典を」となる。
 
 いいんでしょうかね、自分からそんなにハードルを高くして。いや、正直困ってます。ただここまで来たので、もう腹を括ってます。実は訳そのものは二年前くらいに終わってたが、編集者からの注文にかなり抵抗し、一時は作業をストップしていた。しかし先日も報告したように、自分でも不思議に思うほど、その「注文」に応じるのも意味あることだと思えてきたのである。そうなると作業が急に面白くなり始めた。
 
 たとえば、「フランス人へのプロローグ」冒頭の、(la obra de caridad)をキリスト教用語にこだわって「愛徳の業(わざ)」としていたのだが、別にそれにこだわるまでもない、と考え「思いやり」としたり、そしていま使った「こだわり」という言葉も、adhesion a la cultura を「文化への密着度」とずいぶん硬い訳語を当てていたのを、今回は「文化へのこだわり」としたことなどは、そのほんの一例である。
 
 いやそんなことより、スペイン語の構文を忠実に移し換えることを止め、長い文章を短く切ったり、すんなり意味が通る文章に直したりしている。
 
 「一義的」とか「排他的」など哲学用語なども思いきって「開く」ようにしている。Hiperdemocraciaも「超デモクラシー」とかそのまま「ハイパー・デモクラシー」と訳すより、本当は「はしゃぎすぎのデモクラシー」とでも訳したいのだが。というのは、むかし美子が「あの人ちょっとハイパーね」などとアメリカン・スクールの日常的表現としてよく使っていたからである。つまりテンションが高く、「浮いている」人を評する言葉として。
 
 このごろの国会討論などをたまにだが見てみると、こちらが歳をとったせいか、嘴の黄色い若手議員が、やたらテンション高く相手に噛み付いているのを見ると、オルテガならずとも、民主主義は衆愚政治か、と思いたくもなる。国会もそうだが、テレビや新聞の品のないやり取りを見たり聞いたりしていると、まさに「大衆人」跋扈の当世にうんざりする。
 
 いや、そんな意味でも、『大衆の反逆』は実に今日的な古典ですぞい。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください