なかぞらのいづこより

先日、原町生まれで現在は神奈川に住んでいるY子さんから、これから風が強くなる季節、吹き飛ばされないで、とのメールが届いた。中通りの福島市なら、夜寝ているとまるで地獄の釜の中にいるように感じられる吾妻颪(おろし)の凄さは経験しているが(結婚してすぐの半年、家内の実家で)、相馬にそんな強風が吹くことはすっかり忘れていた。ところがここ数日、風の強い日が続いており、山と海にはさまれた地形特有の風にこれから暖かくなるまで悩まされることを覚悟した。
 福島県の地形を改めて調べてみた。会津、中通り、浜通りという三つの地区がそれぞれ間に奥羽山脈と阿武隈山地を抱えていることを確認。つまり窓から毎日のように眺めている国見山などを擁する山系は、山脈というには低いから「山地」と言うのだろう。納得。それでも風が勢いよく吹き付けてくるほどには高い傾斜を持っているわけだ。
 それにしても、陽が照っているのに、茅屋を絶えず揺るがす風の音を聞いていると、何か落ち着かない気持ちにさせられる。そして伊東静雄の詩を思い出す。「なかぞらいづこより吹きくる風ならむ」で始まるあの有名な詩である。三連から成るこの詩で、一番好きなのは真ん中の連である。

      春寒むのひゆる書斎に書よむにあらず
      物かくとにもあらず
      新しき恋や得たるとふる妻の独り異しむ

 伊東静雄何歳の時の詩かは知らないが、今の私には実に良く分かり胸に沁み入る。ところで必要があって、昔々奄美の島尾敏雄のもとでひと夏を過したのはいつだったかを調べていて、その頃つけていた日記が見つかった。かなり克明にその夏のことが記録されている。昭和41年(1966)8月21日の項に次のような記述がある。
 「六時半と九時の両方のミサに与った。O神父がたてた。午前中はそのため、あっというまにすぎてしまったが、遅い食事の後、図書館の敏雄さんの部屋で小高根二郎の『伊東静雄』をひろい読みする。また埴谷雄高の『虚空』も読む」。
そして特に気に入ったのか、「なかぞらのいづこより」が全文写されているのである。
 ものの感じ方、大袈裟に言えば世界観のようなものは、年齢に関係なく、いつのころからかほとんど固定されるということなのだろうか。あの頃はJ会の修道士(の卵)だったはずだ。変に文学づいていて、あのまま進まなくて良かった、良かった。

佐々木 孝 について

日本のスペイン思想研究者。1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。6年間の修道生活の後、1967年同会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授を経て、1982年教授となる。1984年常葉学園大学(現・常葉大学)でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、講師として専門のスペイン思想、スペイン語を東京外国語大学、駒澤大学、法政大学、早稲田大学などの大学でも教える。2002年、定年を前に退職、病身の妻を伴い福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり、富士貞房(ふじ・ていぼう、fuji-teivo、――スペイン語のfugitivo「逃亡者」にちなむ)の筆名で「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。作家の島尾敏雄は従叔父にあたる。2018年12月20日、宮城県立がんセンターで死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください