我が家のアーカイブツ

一昨日の夜、バッパさんは眼科医院に一泊してきた。詳しいことは分からないが、以前やった白内障の手術の後、上まぶたが少し垂れ気味になるので、「ちょこっと手術」するとのこと。本当は家内が付き添うはずだったが、その前日、夕食時にまたまたつまらぬことから喧嘩となり、「そんな可愛くねえばーさんの付き添いなんかさせられっか」「あ―、いっこうにかまねー」となった。
 実はその日も、朝から大正琴を持って出かけた。障害者ホームとかに慰問に行く(?)が送り迎えはいい、と言う。確かに時間になると時々車でやってくるどこかのおっちゃんが来た。さてその日の夕食のときである。話がたまたま先日の事件に戻ってしまった。
 お金の事で恥ずかしいのだが、立て替えてやったお金(十万円)を返すからと家内に持たせて寄越した袋の中には、何度数えても八万しかない。
 「バッパさん、こめけこと言うようだが、ここには八万しかねーど」
 「そんなはずねー。ちゃーんと数えて入れたど」
 「だって、ほら見ろ、八枚しかねーべ」
 「ぜったい十枚入れた、それもほんの数分前だどー。なんぼ年寄りだって、そこまではボケねーど」
 「そんじゃ間に立ったY子か俺が盗ったということか」
 「そんなこと言ってねー」
「言ってねーたってそうなっぺーっ」
 それから話はどんどんエスカレート、九十のばーさんに慰問受けて喜ぶ人なんかいるか、自分が健康なことを自慢したいだけだべ、とまで言うはめになった。いや、責任逃れをするつもりは無いが、彼女と話していくと、いつもエアーポケットに入る具合に、「…というはめになる」のだ、不思議なことに。
 もちろんその時も彼女の思い違いで、炬燵の中から二枚の万札が見つかった。でもバッパさんは、その明らかな事実を前にしても絶対に自分の思い違いを認めようとしない。
 「いいかバッパさん、トリックでも奇蹟でもねーべ、自分では入れたつもりでもぼっとで [誤って] 落としたんだべー」
 つまりその夜も話がそこに戻ってしまったのだ。バッパさん的には今でも「納得いかねー」と言う。
 「納得いかねーのはこっちだべ、これ認められねえなら人間でねーど」
 娘がいつも見るテレビ番組に、古い日本を綴る「アーカイブス」というのがあるが、我が家にも「アーカイブツ」が元気に棲息しているのだ。ところでこのあーカイブツさんの年末スケジュールはどうなってんだべ。

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

日本のスペイン思想研究者。1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。2018年12月20日、肺がんのため宮城県立がんセンターで死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください