アイヌ語地名解について

地元の山の名前「バッカメキ」がどうもアイヌ語ではないか、と思い出してから気になって、先日ネットの古本屋から知里真志保の『アイヌ語入門――とくに地名研究者のために』(1956年初版、楡書房)を四千円で手に入れた。新書版で276ページほどの小冊子なので、少し高いなと思ったが、たぶん手に入りにくい本なのだろう、と思っていた。ところがネット友だちのMさんから、古本なら「スーパー源氏」で調べた方が安く買えるよ、と教えられ、急いで調べたらなるほど、同じ年に同じ書名で北海道新聞社から出たものが、二千五百円で買えるだけでなく、その復刻版がなんと八百円で売りに出されていたのだ。同じ年に二つの別々の出版社から出たというのがちょっと引っかかるが、結局楡書房の四千円という値段が、相場としては別に高いものではない、というのが分かった。ただし私のような者にとっては、復刻版で充分なのだ。
 というのは、その楡書房の本も、今は背革布表紙の豪華本に変容しているからだ。たぶん私のような人間は、いわゆるビブリオフィリア(愛書癖)やビブリオマニア(書籍偏愛)からすれば邪道を行っているのだろう。たいていの本はそれが初版本であろうが、限定本であろうが、箱はすべて捨てられ、帯(ふんどしとして好事家には貴重なものらしいが)は大事なデータが書かれていない場合はすべて剥ぎ取られ、カヴァーもうまく利用できなければこれまた屑篭行きだからだ。
 そんなわけで、安岡章太郎さんに頂いた著者限定本の『幕が下りてから』も、ウナムーノの『生の悲劇的感情』とオルテガの『ドン・キホーテをめぐる思索』の初版本も、自家製豪華本にはなったが古本屋では値打ちのないものに姿を変えてしまっている。
 ところでバッカメキである。いま『アイヌ語入門』を急いで読んでいるのだが、まだ本文中にその名はなく、巻末の簡略な語彙集にも出ていないのである。若し最後まで読んでもバッカメキの由来が分からなかったら、いよいよアイヌ語辞典を探さなければならないのかな、と思い始めている。
 著者の知里真志保氏については手許に藤本英夫『知里真志保の生涯』があり、アイヌ出身のアイヌ学者として金田一京助との関係や、武田泰淳との交流など調べたいことがあるが、まだ読んでいない。自由になる時間はたっぷりあるはずなのに、毎日なにかしら雑用に追われてるなー、これはまずいぞ。
(11/21)

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

日本のスペイン思想研究者。1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。2018年12月20日、肺がんのため宮城県立がんセンターで死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください