我がウィタ・フンニョアリス

 今日の話題は気が重い、なんていうのは真っ赤なウソで、実はわくわくしている。夕食後、二階廊下の本棚や階下の書庫から三冊ほどの参考書を探してきたほどである。まず安岡章太郎さんの『放屁抄』(岩波書店、1979年)と同じく安岡章太郎編『滑稽糞尿譚 ウィタ・フンニョアリス』(文春文庫、1995年)、そして中村浩著『糞尿博士・世界漫遊記』(現代教養文庫、1983年、17刷)である。
 
 そう、ウンコの話をしようと思ったのである。それも人様のものではなく、自分のものについて。ありがたいことに、胃腸の方はここ数年調子がよく、したがって出てくるものも落とし紙(なかなか風雅な言葉でんな)をほとんど使わなくてすむ(もちろん少しは使いますよ)。そして不思議なもので、以前はだいぶ違っていたはずなのに、最近は美子も私とほとんど同じものを出すようになったのである。大きめの匙で、同じ茶碗、同じ皿から私とほぼ同量のものを食べさせているのだから、似てくるのはとうぜんなのだが。
 
 しかし美子はそうでもないが、私の方は便秘気味で、出すのにちょっと苦労する。毎日一回は心がけているのだが、どうも昨日はなにやかやと忙しく、つい出さなかったためか、昼過ぎに大変なことになってしまった。むかーし一度大変な難儀の末、馬糞石(海胆じゃありませんぞ)のようなものをひり出したことはあるが、今回はそのときよりも手こずりそうな予感がした。お尻周辺の神経は、鈍いようで実はかなり精巧で、そうした予感はほぼ間違ったことはない。
 
 で、これはイチジクさんの力を借りなければ、と咄嗟に判断した。それで一時引っ込める(何がって?分かるでしょ)ような形で、急いで美子を後部座席に坐らせて、スーパー内の薬局に行きましたよ。ありました、二本入りで、千円ちょっとのが。
 
 帰ってきて仕切り直し。しかしすぐ出ると思ったのに、これがなかなか。奮闘(糞闘?)十分、出てきました出てきました。急いで覗いてみたら、なんと直径5センチ、長さ25-30センチくらいの巨大ウンコ。なかなか出てこられなかった理由が分かりました。要するにソーセージ製造機のように、適当な長さのところでいわゆる蠕動運動をしながらひり出すはずなのに、あまりに長いためにそれが出来なかったせいではなかろうか。
 
 それをどうしたって?(あっみんな引き始めてる!) 柄の長い掃除用のブラシで半分に折って、流そうとしたが流れません。タンクの水は使いきったので、すぐ側の洗面所から洗面器に水を入れて五回以上も勢い良く落としたけどダメ。
 
 さすが皆さんお顔をしかめておられるのでこれ以上実況報告はやめるが、ガボッと大きな音を立てて流れたのは、他にいろんなことをしたあと、夕方近かったとだけはご報告しておく。こんな糞闘記を書くことの意味を急いで書くには、これまで何回かご披露した自説をごく簡単に述べる必要がある。つまり人間のもっとも厳粛な問題たる終末論(エスカトロジー)と糞尿譚(スカトロジー)の切っても切れない関係、そしてアリストテレスの言う浄化(カタルシス)と排泄のこれまた密接な関係…あゝそれを再度説明するのはやっぱメンドウなり。今回はこれで一件落着とさせていただく。参考文献についても、またの機会までおあずけ。何?残便感が気になるって? それじゃどうぞお宅の雪隠(この言葉もいいっすなー)のお急ぎあれ!

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください