遅読の勧め

 阿Qにはまだ戻れない。『正伝』は一応は読み返したが、まだ考えがまとまらない。
 
 午前中、近くの旭公園で開催されている「ふゆまつり」に頴美、愛と四人で出かけた。「秋まつり」というのは昔からあったが、冬祭は初めて聞いた。行ってみると、原町二小の生徒たちのブラス・バンドの演奏をやっていた。近頃の小学校では、ブラス・バンドも盛んらしい。年寄りのためか、大きなテントも張られていて、中に二つほど大きな灯油ストーブが燃えていた。しばらくそこに坐って見物したあと、愛たちは駅前の図書館に、私たち二人は先に家に帰った。
 
 家に帰ると、何冊か、ネット古本屋から届いていた。1だけあって2がなかったソルジェニーツィンの『収容所群島』(新潮文庫)の2、斉藤孝の『読書力』(岩波新書)、そしてW・スタイロンの『ソフィーの選択』(大浦暁生訳、新潮社、1、2)である。『収容所群島』は分かるとしても、斉藤孝のものはなぜか。実は最近、読書力が格段に落ちてきているので、速読術に関するハウツー物でも読んでみようか、とたまたま目に入った、いまテレビで人気者になっている斉藤孝の本を注文したのだが、いざ届いた古本を見る限り、題名の通り、つまり速読の本ではなく読書の効用などを啓蒙する内容だった。
 
 さすがにそれは釈迦に説法。と偉ぶるつもりはないが、読書一般について売れっ子教授の教えを請うつもりはない。例の通り1円だからいいようなものだが。
 
 さて問題は、スタイロンの本である。最初、どうしてこんな本を注文したのか思い出せなかったのだが。そうだ、先日、朝日新聞に載った大江健三郎の「定義集」で取り上げられていた本だった。いつもの通り、健ちゃんの文章は分かりにくいが、要するに遅読の勧めを内容とするエッセイであった。そして一例として挙げていたのが、彼のアメリカ滞在中、義兄伊丹十三の自殺を契機に没頭した本『見える暗闇』だった。

 ところで大江氏がこだわっているのは、ダンテ解釈をめぐってである。簡単に言えば、奈落の底から抜け出したときに星を見たのか、それとも星を見ようとあがくうちに奈落を抜け出したのか、に関してである。大江氏の結論は後者、すなわち人間は希望無しには生きられない存在者ということだろう。

 実はスタイロンという作家のことは、今回初めて知った。メリル・ストリープ主演の同名の映画のことはどこかで読んだ記憶があるが、その原作者がスタイロンだということも、ましてや彼が鬱病から立ち直った作家だということも知らなかったのだ。それで彼の”Darkness Visible”が読みたくなったが、翻訳書の方は古本でも相当な高値なので、それなら大江氏と同じく原著で読もうとネットで探したところ、北海道の古本屋のものを見つけたのでさっそく注文し、さらにホロコーストから生還した女性を主人公にした小説も読みたくなって、それは例のごとく上下それぞれ一冊1円のが見つかったので注文したのだった。

 皮肉なことに、速読術を簡便に習得しようとして、遅読の勧めに出会ったというわけだ。以前にも覚悟を決めたように、この歳になってあわてて速読術などに惑わされないで、じっくり味読することを続けよう。遅読などという言葉は辞書にはなさそうだが、この際ネットに辞書登録することにした。チドク、ねっ、ちゃんと変換したよ。

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください