もうすぐキックオフ

 結局、K叔父には『国家の品格』に私の論評を加えて送ることはしなかった。やはりまともに相手にするのが馬鹿らしくなったのである。よくもまあこんな駄作がベストセラーになっていることよ、と不思議に思った。いやベストセラーというものは、そもそもがそういうものなのであろう。つまり中身のないすかすかな文章、それでいてあたかも内容があるような思わせぶりな措辞…やめた、ベストセラー分析などそもそもが馬鹿らしい。
 
 新たに論評を書き下ろさなかった代わりに、ここ四日間のモノディアロゴスをプリントして同封した。もちろん「とんでもなく明るい声で」などという失礼な表現は適当に言い換えて。それだけでは、あのレターパックはそれこそすかすかなので、貞房文庫には2冊ある島尾敏雄と小川国夫の対談集『夢と現実』も同封した。島尾敏雄と同じ歳の従弟であるK叔父さん、だれよりも長生きするんだから、死者たちの分まで…
 
 週一回の風呂をやっと終えて、美子はいま寝たところ。私は久し振りに、アルコール分7パーセントの焼酎ハイボール缶を飲み終えて、あと十分でキックオフのアジア・カップ、対オーストラリア戦を待っているところ。香川が抜けたあと誰がそのあとを埋めるのか? 
 
 今日の午後とどいたJ・グリーンの『閉ざされた庭』について話そうと思っていたのだが、それはまた明日のことにしよう。それでは皆さん、お休みなさい!

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください