揺れ動いてます

 これまでは書くことがなくなると、よくばっぱさんを登場させたものだ。わが親ながら、実に面白いキャラクターをしている(持っている?)から、話題は尽きなかった。しかしそのばっぱさんは、いま遠い十和田市にいる。最初は特別養護老人ホーム、次に有料老人ホームに。しかし詳しくは知らないが、そこはどうも扱いがいささか乱暴なところだったようで、体調を崩して(長旅の疲れもあるが)入院したあと、今度は扱いがていねいな(?)施設に移ったそうだ。このひと月ちょっとの間に三回も場所を変えたことになる。ちょっと可哀相にも思うが、しかし今回の大震災では、もっと可哀相な老人がいっぱいいるので、文句は言えない。
 
 ところでそのばっぱさん、私としては、文章の中でさんざん揶揄し、ときには手ひどくこき下ろしたつもりだが、読んでくださる方の中にばっぱさんのフアンが少なからずいたのは意外であった。私の扱い方の中にもばっぱっさんに対する愛情みたいなものがいつのまにか滲み出ていたから、と思いたいが、いやそうではなく、彼女がもともと持っている人間的魅力が書き手の意に反して表れ出たということだろう。
 
 いや言いたかったのは、そんな重宝な助っ人がほしくなるほど、平穏な日常が戻ってきたのかな、ということだ。しかし外出の度に、家の近くには、「遺留品縦覧会場→」というポスターが数箇所貼られているのを嫌でも眼にしなければならない。つまり津波にさらわれた人たちの遺留品ということだろう。矢印をたどってみたことはないが、おそらく近くの小さな体育館、ふだんは剣道場に使われている建物ではなかろうか。
 
 車はひところに比べるとずいぶん増えてきたが、歩いている人の姿はまだあまり見られない。そしてどこから派遣されてきたのか、自衛隊のジープやトラックが行き交っている。この連休中、大勢のボランティアが瓦礫や泥の掻き出しをしてくれたそうだ。要するに平和な日常はまだまだ戻ってきていないということ。
 
 お気づきの方もいると思うが、三月十七日以降、このブログを一日も欠かさず書き続けてきた。それには多くの人の励ましがあったからだが、しかし平和な日常到来はまだまだとしても、正直に言えば、私の中では何かが終わった感じがしている。毎日環境放射能測定値をチェックしていたのは、なぜかはるか遠い日々のことのように思われる。(いま久し振りに測定値を調べてみた。零時現在0.50マイクロシーベルトと出ている。ずーっと0.5台を推移しているようだ)。
 
 回りくどい言い方をしてしまったが、要するにこれまでは広場の壁新聞よろしく、いつも背後にたくさんの人の目を強く意識して書いてきたが、もうそろそろその段階は終わりかけているのではないか、と感じ始めているということだ。つまりモノディアロゴスの本来のあり方、その都度書きたいことを書きたいように書いていく、内向するということではないが、とりあえずは自分の内面に忠実に書いていく。
 
 あゝしかし、たくさん善意の眼を感じながら書いてきたこれらの日々、その快感(?)を簡単に手放すことなどできるか? 正直揺れ動いてます。

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください