突然のお願い

このブログで既に何回かご登場願っている映像作家ゴンサロ・ロブレードさんの友人でスペインの現代美術家ホセ・マリア・シシリア(José-María Sicilia)さんが、皆さんのご協力を得て、日本で展示予定の作品を制作しようと計画しています。
 スペインを代表する美術家シシリアさんは1999年にタマダプロジェクトで近作展(1990-1999)を行い、2008年には長崎県美術館で近年の作品を集めた個展を開催しています。さらにDIC川村美術館、神奈川県立美術館葉山館でも展覧会開催の予定です。
 ご協力願うのは、下記の3つの簡単な質問に答えていただくことです。出来るだけ多くの方のお答えで作品を完成させたいと思っています。既に今回の震災での津波の画像や音声を使って作品を制作しました。

  
   Question

1. あなたの人生で最初の記憶にある映像(イメージ)または音は何ですか?
2. その映像または音を思い出せる限り詳しく描写してくださいませんか。
3. その映像または音に関係する記録などをお持ちですか?

※ なお上記の質問をあなたのお知り合いやご友人に転送し、たくさんのお返事がいただけることを作家は希望しております。
※ 上記の質問に対するお返事は、以下のスペイン現地事務所に直接Eメールで送っていただくか、あるいはタマダプロジェクト宛にEメール、ファックスまたは郵便でお送りいただければ幸いです。

  • スペイン現地事務所担当
    (Ms)*******
    E-mail: *******
  • 日本代理事務所/代表: *******
  • NPOアートシンクタンク Arts Public
  • タマダプロジェクトコーポレーション(Museum of Tamada Projects)
    〒***-**** 東京都*******
    Tel: *******
    Fax: *******
    E-mail: *******

以上です。よろしくお願いいたします。

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

日本のスペイン思想研究者。1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。2018年12月20日、肺がんのため宮城県立がんセンターで死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください