新高梨

 今日も寒いので美子は家でお留守番。最近は自分から立ち上がることをしないので、ちょっと買い物に行くくらいならかえって安心だが、でもやっぱり淋しいことには変わりがない。しかしこのところこちらから声をかけたときの反応が少しはっきりしてきたようで、もしかしてしばらくはこれ以上進行しないかも、と期待している。
 
 ともあれ今日も一人でスーパーに行く。そういえばこのごろ例のサイヤにはとんとご無沙汰続きだ。面倒だが自分で炊いたご飯はやはりおいしく、冷凍パックのミックス野菜やブロッコリー、かぼちゃなどを豚肉と炒めるなどして簡単なおかずを作っている。コツは砂糖を上手に使うこと。
 
 いつも果物コーナーでは小ぶりのオレンジや、やはり小ぶりの王林リンゴを買うのだが(つまり二人で分けて食べるにちょうどいい量なので)、今日は馬鹿にでかい梨が目に入った。梨の種類は二十世紀と長十郎しか知らないが、今日のはその長十郎の倍ほどの大きさの梨で新高というらしい。喩えは悪いが、そして食欲が減退するかも知れないが、そう、小錦のオシリを連想させるほどの大きさである。もちろん福島産。二つ入りのパックを買った。美子と私では一回に半分でじゅうぶんであろう。
 
 家の少し前に大きな乗用車が止まっていて、無理をすれば通れないこともないが、他人の迷惑も考えてもらいたいと、クラクションを小さく鳴らしてみた。斜め向かいの家に来た人が駐車しているらしい。少し待ったが誰も出て来ないので、今度は少し大きく鳴らした。すると男が一人慌てて出てきて車を動かしてくれた。少し憮然とした顔で通り過ぎ、買い物袋を提げて車から出てきたとたん、その車の周りに四人ほどおばちゃんたちが出てきて今しも帰るところらしい。ところがそのおばちゃんたち、こちらを見ながら深い御辞儀をしてスミマセーンと大きな声で謝っているではないか。
 
 いやー参った。急いで、大丈夫ですよー、などと意味の分からぬ返事をして家に入ったが、なぜか感動した。はっきり言えば、もう少しで泣きそうにまでなった。最近こういう謝り方をされたことがなかった。心から謝ることがこれほどまでに人を感動させるなら、私もこれから必要なときには臆せず大きな声で謝ることにしよう。
 
 かつては市営住宅、今はMという人が賃貸住宅にしている六軒ほどの平屋は、この震災後、大半の借家人が他所に行ってしまい、たぶん今は市が復興作業などに従事している人たちのために一括借り上げているのではなかろうか。
 
 もしかしてあのおばさんたち自身、その復興作業のために他所から来た人たちかも知れない。それなのに、車を停めていたくらいで機嫌を害した自分も情けないが、しかしそのおかげで(?)あのおばちゃんたちの謙虚でつましい人間性がその身なりや声音で伝えられることによって、喩えようもない貴重な贈り物となり、この瞬間湯沸かし器をしばしほんわかと温めてくれた。
 
 人間て、そして生きてるってやっぱ素晴らしい!

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

1 Response to 新高梨

  1. エトワール のコメント:

    記事を大変興味深く拝見させていただております。

    昨日から、震災後初めて、高校までの18年間を過ごした南相馬市を訪れました。街のあちこちに実をいっぱいつけた柿の木がありました。例年ならば、早々にもぎとられる柿の実ですが、今年は誰も実をとる者がなく、落葉した木に柿色のポンポンが、たくさんついたままの木がたくさんあったわけです。この風景は、今まで見たことのないもので、柿の木というものが、これほど美しいものだったのかと改めて思った次第です。

    南相馬市には、哲学的著作を受け入れる地盤は脆弱だと思いますが、オルテガがかつてスペインで試みていたように、文学的装いのもとに、徐々に哲学的思想を展開していくことは可能なのではないかと思います。今、この街に一番必要なものは、物質的な復興だけではなく、新しい時代へ向けた哲学にほかならないのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください