絶妙のタイミング?

夕方のテレビで「ゆうメールは商標権侵害」というニュースが流れた。要するに「ゆうメール」という呼び名は、札幌のダイレクトメールの会社がすでに商標登録をしたものであり、日本郵便に対してこれ以上使わないようにとの判決が出たというのだ。詳しい事情は分からないが、大会社にしてはまた何ともお粗末な顛末というほかはない。
 たしか昔は「冊子小包」、さらにその前は「書籍小包」と言ったはずだが、民営化に伴っていつの間にか「ゆうメール」になった。やはり国鉄民営化に伴って、「国電」が「E電」という呼称に変わったようなものなのであろう。しかし「E電」の方は大いに不評で普及せず、いつのまにか「JR」になってしまったが、「ゆうメール」の方はそれとは別の理由で、つまりパクリだったという理由で消えていくことになったわけだ。
 以前、別のトラブル(それが何であったか忘れてしまったが)があったときには、局長と、たしか郵便課長(?)が拙宅に詫びに来たことがある。今回もせめて局長名の詫び状くらいあってしかるべきと思うが、現在ではお客さんへのそんな気配りをする余裕もないのか、以後一切の連絡はない。いや、下手に訪ねてもらったりしても応対に困るからそれはいいのだが、客商売をしながらそのあたりの配慮がないというのは、やはり少しおかしいのではなかろうか。たかだか小さな郵便物のトラブルと思っているのかも知れないが、しかしその郵便物の正確な配送こそが命である会社の姿勢として、やはりどこか抜けていると言わざるを得まい。
 実は今日の午後、切手を買いに本局に出かけたのである。そしてせっかく行くのだから、昨日のブログをプリントアウトして置いてきてやれ、と思ったのだ。少ししつこいかなとは思ったが、念には念を入れよ、との先人たちのありがたい教えもある。ところが、やはり気負っていたのか、窓口でいざ切手を買おうとして財布を忘れたことに気づいたのである。「郵便局の皆様へ」と書いたブログ入りの封筒を出すには最悪のタイミングである。しかしままよ、やるべきことはやれ、と自らを励ましながら、昨日の女性局員に「切手はまた別のときに、ともかくこれを皆さんで読んでください」と置いてきた。
 さてそのブログはどんな扱いを受けるのでしょうか。お客さんの提言として、まじめに読んでもらえるのでしょうか。せめても昨日の副局長あたりまでは届くのでしょうか。
 それはともかく、「ゆうメール」、これからどんなネーミングをされるのだろうか。私としてはこれまでの「冊子小包」でもいいし、さらに昔の「書籍小包」でもいいと思うが、さて日本郵便さんはなんと判断するか、お手並み拝見といきますか。それにしても私の「ゆうメール」騒動、また絶妙なタイミングで起こったもんですなあ。

佐々木 孝 について

日本のスペイン思想研究者。1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。6年間の修道生活の後、1967年同会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授を経て、1982年教授となる。1984年常葉学園大学(現・常葉大学)でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、講師として専門のスペイン思想、スペイン語を東京外国語大学、駒澤大学、法政大学、早稲田大学などの大学でも教える。2002年、定年を前に退職、病身の妻を伴い福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり、富士貞房(ふじ・ていぼう、fuji-teivo、――スペイン語のfugitivo「逃亡者」にちなむ)の筆名で「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。作家の島尾敏雄は従叔父にあたる。2018年12月20日、宮城県立がんセンターで死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

絶妙のタイミング? への1件のフィードバック

  1. fuji-teivo のコメント:

    ブログ本文に書いたように、エトワ-ルさんのご報告、郵便局の人にも読んでもらいたいと、今日の午後本文と一緒にプリントアウトして局に届けました。
     ところで、S君が例の「原発難民行進曲」の手続きの方はどうなっているのだろうか、と聞いてきました。年が変わりましたので、少し前に進みましょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください