思わぬ再会

 二階から一階に生活の拠点を移したことによって、身の回りにある本たちの顔ぶれが一変し、いままで見たことも読んだこともない本に出会ったり、むかし熱中して読んだ懐かしい本との再会があったりして、変化に乏しい単調な毎日の中でのアクセントになっている。
 
 昨日も、蔵書印もなく、読んだ記憶もない一冊の本と出合った。永井隆の『村医』(中央出版社、1985年、第4刷)である。永井隆といえば『長崎の鐘』や『ロザリオの鎖』で有名なあの永井隆だろうか。本のカバー裏の説明によると、やはり彼の作品で、昭和二十六年二月、死の三ヶ月前に脱稿した作品ということだ。内容は、代々医者であった彼の父を主人公にした小説で、まだ飛ばし読みしかしていないが、永井隆が小説家でもあったことを初めて知った。
 
 永井隆はひところ多くの日本人にとって、とりわけカトリック信者にとっては、いわば聖人級の超有名人であった。それにしては彼の書いたいくつかの本の題名だけは知っているのに、その内の一冊さえまともに読んでなかったのは我ながら説明しがたい。我が家にもその内の一冊くらいあったような気がするが、今回出会った『村医』以外、今はどこにもないのも奇妙だ。
 
 この『村医』にしても誰が買ったものだろう? いや、ばっぱさんに違いないが、読まれた気配のない新品なのも不思議だ。
 
 先ほどは彼を小説家としたが、これまで私の中では、彼はあくまで被爆した熱心なカトリック信者の医者、後遺症でぱんぱんに膨れ上がった腹部を抱えながら、如己(にょこ)堂という小さな庵にヘレン・ケラーや昭和天皇のお見舞いを受け、『この子を残して』や『亡びぬものを』などの感動的な手記を残した人であった。ところが今回の『村医』にしても『亡びぬものを』にしても、手記・記録というより明らかに小説の形式をとっていることに初めて気付いたのである。
 
 そう、急いで彼の他の著作をアマゾンに注文したのだ。『亡びぬものを』以外にも、『いとし子よ』、『この子を残して』、『長崎の鐘』、『この指とまれ』、『原子雲の下に生きて』、さらに娘の茅乃さんの『娘よ、ここが長崎です』まで、いずれも例の不思議な値段で手に入れたのである。
 
 彼のことをあまり知らなかった証明(?)として、実はこれら以外にも『一身上の都合』という本まで注文したことを白状しなければならない。作者名は確かに永井隆、ところが届いたものを見て初めて、この作者がまったく別のルポライターであったことを知ったのだ。まっ、袖すり合うも他生の縁、捨てないで貞房文庫に登録させてもらいます。
 
 『亡びぬものを』を読むまでは、永井隆自身が放射線医学の専門家で長崎医大レントゲン科の責任者であり、被爆直前の五月、すでに放射線障害が現れていたことを知らなかった。つまり白血病で余命三年の宣告を受けていたのである。ともかく『亡びぬものを』の最終章、被爆直後の凄惨な描写に圧倒された。恥ずかしいことに、絵や写真以外に、いわゆる原爆直後の実態を文章で読んだのは初めてなのである。今までそういう事実も知らないでただ遠くから仰ぎ見ていただけであったことが悔やまれる。
 
 ともかく彼の死後、新生(!)日本はそうした貴重な体験やら証言をことさら忘れようとして(としか思えない)、核の平和利用という魔法の言葉(呪文)に踊らされ、あるいは自ら酔い、錯誤と破滅の道を突き進んで来たわけだ。核の「平和」利用は、軍隊の文民統制(シビリアン・コントロール)が時にそうであるように(性懲りなく戦争を繰り返すアメリカの文民統制を考えてもみよ!)、どこかいかがわしいもの、突き詰めていけば真の(!)民主主義にはもともとそぐわないもの、いつかは双面(ふたおもて)のもう一面を振り向けてくる邪悪な神であることをしっかり肝に銘じなければなるまい。
 
 永井隆を聖者に祭り上げて、人間の愚かさに由来するすべてを「神の摂理」とか「天罰」と見做す間違った「信仰」から抜け出さなければならない。「平和の使徒」と崇められた永井隆その人が生前、平和についての思想をどこまで煮詰めることができたかどうか(確かに彼は核の平和利用を訴えた)、まだ彼の著作をろくに読まないうちに即断することは控えたいが、しかし3.11を経験した私たちは、もし彼が今に生きていたらどう考えるか、を可能な限り誠実に追求することこそが本当の意味で彼を敬愛することになるとだけは言えよう。

★追記

 彼は『長崎の鐘』の最終章「原子野の鐘」の中で、二人の子供、誠一(まこと)と茅乃(かやの)に向かって、「そうだ、原子時代だ。人類は大昔から石器時代、銅器時代、鉄器時代、石炭時代、石油時代、電気時代、電波時代と進歩してきて、今年から原子時代に入ったんだ。誠一も茅乃も原子時代の人間だ」と言っている。しかしすぐ後で、こうも自問している。「人類は原子時代に入って幸福になるであろうか? それとも悲惨になるであろうか? 神が宇宙に隠しておいた原子力という宝剣を嗅ぎつけ、捜し出し、ついに手に入れた人類がこの両刃の剣を振っていかなる舞を舞わんとするか?」
 
 このときの彼は、後の時代の愚かな核軍備競争も、止むことのない馬鹿げた覇権争いも知らなかった。それに素人の私でも気づく重要な一事に彼は触れていない。つまり石器から石油そして電気・電波などすでに自然界に存在するエネルギーと、新たに登場した原子とのあいだに画然たる差異があること、つまり人類が利用しようとしてきた放射能はもともと自然界に存在したものとは明らかにレベルの違うものであるという事実である。

 そしてその意味で言うなら、たとえ難病や遺伝の弊害を避けるという名目で使われようとも、遺伝子組み換えなどの技術は、放射能とはまた別の由々しい問題を人類に背負わせることになるのでは、と危惧している。要するに、人類は際限のない進歩・発展幻想の迷夢からそろそろ覚めるときが来ているのではなかろうか、ということである。

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

7 Responses to 思わぬ再会

  1. 鎌田 志保 のコメント:

    先生、こんにちは!お元気ですか?震災前から計画していました世界一周の旅に昨年10月から出発しました。先生にメールを取りたいとずっと思っていまして…しかし先生のアドレスは自宅に置いてきたパソコンの中にあったので連絡できずにいましたが、最近「そういえば先生のブログがあった!」と思いだしこの場から失礼いたします…(^^;)
    スペイン語圏の国に入ってからもう3ヶ月が経とうとしていますが、先生と声に出して練習した動詞の活用法がとても役に立っております。しかし、会話はまだまだですね(>_<)まだしばらくスペイン語圏にいますので上達してくれるといいのですが…。しかし、会話の中に頻繁に出てくる単語などはなんとなく分かるようになってきまして、私も真似をして使っています。いろいろ先生にお聞きしたいこともありますので、お手すきの時にメールをいただけませんか?よろしくお願いいたします。
    明日から3泊4日でチリのプエルトモンからプエルトナタレスまで船旅をします。船の中ではパソコンが使えないということですので2月1日以降になってしまいますが…。
    先生の奥様、ご家族、教室の皆さんはお元気でしょうか?

  2. fuji-teivo のコメント:

    鎌田志保さん
    おやまあ、お懐かしい!
     あなたが小高に住んでいたので、震災後どうしているか心配してましたよ。そうですか、世界旅行中ですか。頼もしいというか度胸があるというか、ともかく無事でほっとしました。旅行中でもブログが見れるのでしたら、こちらのことは大体お分かりでしょう。なんとかがんばってます。
     でもこのメールアドレスで果たして届くかどうか、分かりませんが、ともかく第一声をお送りします。届いたら返事ください。

  3. エトワール のコメント:

    永井隆を知ったのは、ずいぶん前のことですが、本は、よく読んだことがありませんでした。元長崎大学教育学部教授高橋眞司が提起した浦上燔祭説によれば、カトリック教徒でもあった永井隆は、原爆投下を「神の御摂理」と解釈し、さらに、原爆死没者を「汚れなき小羊の燔祭(ホロコースト)」、生き残った被爆者は「神が与えた試練であり、神に感謝」すべきと説いていたとしています。以前、こうした考え方は、あまり好きではありませんでした。

    最近になって、永井のテキストを断片的にいくつか見かけました。今は、この人の作品価値について、少し理解できるところまできたように思います。

    「ここから見ていると、誠一は瓦のかけらをもっこで担いで捨てに行くところ、カヤノはつるばらの花を有田焼のかけらに盛って独りままごとをしている。この兄妹が大きくなってから、私の考えをどう批判するだろうか?五十年もたてば、今の私よりずっと年長になるのだから、二人寄ってこの書をひらき、お父さんの考えも若かったのう、などと義歯を鳴らして語り合うかもしれないな。」(「この子を残して」終章)

    この数行のテキストだけを見ても、永井がただ者ではない希有な物書きであったことが分かるのではないかと思います。「この子を残して」と「長崎の鐘」の2冊が
    手元にあります。少し、真剣に読んでみようと思っています。

  4. 宮城奈々絵 のコメント:

    私は小学6年生の時に永井隆医師の「この子を残して」と「長崎の鐘」を読みました。母は平和を学ぶ為にと子ども達に戦争の物語を与える人で、家にあったのです。
    子どもには永井医師の本は強烈さがあり、大きな恐怖を感じたことを覚えています。核戦争が恐ろしいと沢山泣いたと思います。
    長い間にその気持ちは薄れていきましたが、3.11以後の原発禍で急に「この子を残して」を思い出し、その追体験をするのでは…もしくはその反対に「残される」のでは…とパニックに襲われてしまいました。
    幼い頃に強烈な恐怖を与えるのは考えものかもしれません。
    ですが、今の少し経験を積んだ大人の脳で読めば、また違った視点が見えてきて学んだり、あの時の恐怖だって克服出来るかもしれない、と思いました。
    子どもの時は、信仰面から物事を見ることについて深く考えなかったので(単純に、神様に全て任せる純粋な信仰を持とう!ぐらいしか学ばなかったので…)、その点についても色々違った発見があるかもしれないと思いました。
    折りを見て図書館に行ってみようと思います。

  5. エトワール のコメント:

    半日ほど、ノートを作成しながら永井隆の本を読んでいました。とても素晴らしいです。略歴をまとめてみましたので記載しておきます。この方の本を多くの方にお勧めいたします。もっと広く知られるべき、とても素晴らしい方だと思います。

    1908年(明治41年)2月3日 島根県松江市にて、医師であった父寛、母ツネの長男(5人兄弟)として誕生します。父の医院開業のため飯石郡飯石村(現・雲南市三刀屋町)に移り住み、幼少青年期をすごします。

    1928年(昭和3年)4月 – (旧制)島根県立松江中学校を経て、長崎医科大学(現:長崎大学医学部)に入学します。

    1931年(昭和6年)浦上天主堂近くの森山家に下宿します。森山家の一人娘の緑(洗礼名:マリア)は後に妻となります。

    1932年(昭和7年)3月 – 大学の卒業式では答辞を読むことになっていましたが、直前に急性中耳炎になり、耳が不自由になります。そのため、内科医の道を断たれ、放射線科を専攻することになります。4月 – 大学卒業後、助手として放射線医学教室にとどまり、放射線物理療法の研究に取り組みます。

    1933年(昭和8年)2月1日 – 幹部候補生として広島歩兵連隊に入隊し、満州事変に出征します。1934年(昭和9年)2月1日 – 出征より帰還し、大学の研究室助手に復帰します。6月 – 洗礼を受け、カトリックの信徒組織である聖ヴィンセンシオ会に入会(洗礼名:パウロ)し、無料診断・無料奉仕活動などを行います。8月 – 森山緑と結婚し、緑との間に一男二女(長女は原爆投下前に夭折)をもうけます。

    1937年(昭和12年)- 長崎医科大学(現長崎大学医学部)の講師に就任し、日支事変に第5師団衛生隊隊長として出征します。

    1940年(昭和15年)- 長崎医科大学助教授・物理的療法科部長に就任します。

    1944年(昭和19年)3月3日 -『尿石の微細構造』で医学博士号を取得します。

    1945年(昭和20年)6月 – 長年の放射線研究による被曝で白血病と診断され、余命3年の宣告を受けます。8月9日 – 長崎市に原子爆弾が投下され、爆心地から700メートルの距離にある長崎医大の診察室にて被爆します。右側頭動脈切断という重傷を負いますが、布を頭に巻くのみで救護活動にあたります。8月10日 – 帰宅。台所跡から骨片だけの状態となった緑の遺骸を発見し、その骨片を拾い埋葬します。8月12日 – 救護班を組織し、被爆者の救護に当たります。 9月10日頃 – 昏睡状態に陥ります。その直前、辞世の句として一句「光りつつ 秋空高く 消えにけり」を詠みます。このため救護班は解散します。奇蹟的に回復し、この後に、数多くの素晴らしいテキストを残しています。また、ヘレン・ケラー、昭和天皇、ギルロイ枢機卿、フルステンベルク大司教にも会っています。エトワールはこの再生のときにこの方に何かしらの聖霊が降臨したのではないかと思います。10月15日 -「原子爆弾救護報告書」(第11医療隊)を作成し、長崎医大に提出します。

    1946年(昭和21年)1月28日 長崎医科大学教授に就任します。7月 – 長崎駅近くで倒れ、以後、病床に伏すことになります。11月17日 – 長崎医学会にて「原子病と原子医学」をテーマに研究発表を行います。

    1948年(昭和23年)永井隆が死までの3年あまりの日々を過ごした如己堂(長崎県長崎市)荒野となった浦上の地に花を咲かせようと、桜の苗木1000本を浦上天主堂をはじめとする各所に寄贈します。これらの桜は「永井千本桜」と呼ばれました。3月 – 浦上の人たちやカトリック教会の協力により、永井が療養を行なうための庵が完成します。「己の如く人を愛せよ」の言葉から、庵の名前を「如己堂(にょこどう)」と名付けます。8月 – 大学を休職し、療養に専念します。(40歳)10月18日 – 来日中のヘレン・ケラーが見舞いに訪れます。

    1949年(昭和24年) 5月27日 – 昭和天皇に謁見します。(41歳)5月30日 – ローマ教皇特使としてギルロイ枢機卿が見舞いに訪れます。8月1日 – 長崎市長から表彰を受けます。9月30日 – 長崎医科大学教授を退官します。12月3日 – 長崎市名誉市民の称号を受けます。

    1950年(昭和25年) 5月14日 – ローマ教皇特使としてフルステンベルク大司教が見舞いに訪れ、ロザリオを下賜されます。(42歳)

    1951年(昭和26年) 2月3日 – 白血球数が39万を超えます。4月25日 – 右肩内出血により執筆不能となります。5月1日 – 長崎大学付属病院に緊急入院。21時50分、逝去。享年43歳。5月3日 – 教会葬が執り行れます。5月14日 – 長崎市公葬が執り行われ、長崎市坂本町にある国際外人墓地に葬られます。

    1952年(昭和27年) 長崎市に市立永井隆記念館が開館されています。

    略歴をたどるだけでも、様々な感慨を覚えます。

  6. 山本三朗 のコメント:

    そうなんです。ロドリゲス辻さんのコメント通り、このプログ(広場)には愛・温もりと共に「人生、いつまでも勉強が大事だ」とのことを学ばさせて貰っています。佐々木先生や皆様に比べ、まだ若輩者かもしれませが、私自身もっと学んでいきます。
    何はともあれ、明日から北の地(ふるさと)に行かれる澤井様、最高の北帰行であることお祈りしています。

  7. fuji-teivo のコメント:

    一日ばたばたしていて、澤井兄に旅のご無事を祈っているとお伝えするのが遅くなりましたが、ここに集うすべての仲間たちの願いに私も心を合わせています。お帰りになってから、ゆっくり旅のみやげ話を期待しています。澤井ジュニア、美空さん、皆さんにどうぞよろしくお伝えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください