映画監督の亀井文夫のことを書いた拙文のコピーをH教授に送ったら、「佐々木さんはこれから鈴木東民みたいにおなりになるんだろうと楽しみにしています」というお返事が届いた。鈴木東民なんて知らないよ。誰だろう。さっそくヤフーを検索してみた。良くは分からないが、反ナチ、読売争議で名前を馳せ、最後はどこかの市長で終わった人のようだ。
 このH先生、いつも私のこと買いかぶり過ぎ。とんでもない、そんな行動派じゃないです。でもそう言われて気になり、早速古本屋さんに鎌田慧著『反骨ーー鈴木東民の生涯』(講談社)を注文した。
 神戸の従姉Hさんから電話。関西の暑さは相当なものらしい。体調をくずさないようにと言うことしかできない。体が動かなくなる前にぜひ相馬にもう一度遊びに来てもらいたいけれど、果たしていつになることか。だれも老いの進行を止めることはできない。問題はどこかで踏ん切りをつけるかどうかなのだが、それはまた明日のわが身の問題でもある。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク