今日はたしか宵乗り、むかし何度か野馬原に見に行ったが、明日の甲冑競馬とは違って、軽装の陣羽織での競馬が行われるはず。しかし一日中霧雨が断続的に降っていたのが、夕方になるにつれて小雨に変わった。それでも近所の、あれは第二小学校の校庭からだろうか、花火が何発か打ち上げられた。隣のMさんちの老シベリアン・ハスキーのマック君も、家のミニダックスのクッキー君も花火の音に合わせて遠吠えをしたが、でも花火の方はどう考えてもヤケクソとしか思えない。本当に宵乗りがあったのだろうか。
 原町ピンポイント気象情報を見てみると、明日はずっと雨のマーク。でも祭りは雨天実行だから、騎馬武者たちが可哀想だ。鎧の下の綿襦袢(?)が雨を吸い込んでじっとりと重くなってしまう。
 下の本棚で懐かしい本を見つけてきた。Y.Iさんの中公新書である。M新聞特派員時代の中国レポートだが、懐かしいと思ったのは、私が『ドン・キホーテの哲学』を出版したとき、S女子大の研究室に訪ねてきて、インタビュアーをしてくれたときのことを思い出したからである。ひげの立派な記者さんで、初対面なのに一気に話が弾んだことを覚えている。しかしその後すぐ彼は中国に行ったので、それ以来なんとなく互いに音信不通になってしまった。まだM新聞にいるのかなと思い「ヤフー」で検索してみると、何と今はTy大学の先生になっていた。メールアドレスもあったので、さっそくメールを入れる。さてなんて返事が返ってくるか楽しみである。

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク