ようやく明日晴れそうである。梅雨明け宣言はまだ出ないらしいが、ともかく晴れ間が見えるのはいったい何日、いや何週間、いや何ヶ月ぶりだろう。電車通勤の人たちのことを思えば、ましてや今回の宮城県北部の地震被災地の人たちのことを思えば、けっして贅沢は言えないが、それにしても寒く長い梅雨だった。でもカーッと照りつける炎暑は今年は無いのだろうか。昨年の今ごろ、正確に言えば30日、バッパさんが熱中症で緊急入院したっけ。
 まるで化け物。いやバッパさんのことだけど元気げんき。今日も夕食前大バトル。あの人はぜったいに負けない、なぜなら負けることを知らないから。この意味分かるでしょうか。要するに小学生の口げんかみたく、どんなに分が悪くても必ず屁理屈が出てくるということです。話の発端は……足腰が弱くなってきたから、二階で寝ることはやめ、一階の奥座敷(?)にベッドを入れて(姉が誕生祝に買ってくれるはず)、夜は小さい方はポータブルにするように説得したのだが、土壇場でポータブルは部屋の中に入れたくない、縁側に囲いを作ってそこでやるから、と言う。今までだって二階では夜間ポータブルを使っていたのに、消臭剤をケチッて使わないものだから臭いが部屋にこもる。しかし鼻が悪いからそれが分からない。それなのに、下では室内でポータブルを使いたくない、と言う。ポータブルは室内で使うためのもの。縁側に囲いを作ってそこに置きたいと言う。あゝ分かんね、あの人の言うこと。縁側の囲いの中で便器にまたがっているバッパさんの姿想像できますか。あーやんだやんだ、おらやんだ。

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク