どこか狂ってる

 昨夜何気なくネットの朝日新聞を見ていたら、変な見出しに目を引かれた。「トマト陥没」という文字である。記事の内容を読むと、「30日午前10時20分ごろ、熊本県御船町のスーパーのトマト2パック(798円相当)を右手親指で押し込み、陥没させた疑いがある」として、60代前後の、身長約155センチ、やせ形でうす緑色のパーカー、ベージュのズボンを着用した男が器物損壊容疑で警察に逮捕された、というニュースである。逮捕理由は、初め「証拠隠滅と逃亡のおそれがある」からと書かれていたはずなのに、寝る前に再度見直したら、「証拠隠滅」の文字が消えていた。私の勘違い? 警察は何を考えてるのか、とその言葉に強く注意が引かれたから間違いのはずがない。後からあまりの見当違いと気づいて訂正したのか(誰が?警察が、それとも記者が?)。
 
 それはともかく、男は犯行を否定し、「頑として身元語らず」(見出しの言葉)、そのため逮捕に踏み切ったという。なんとも嫌-な感じの残る事件である。この男が黙秘したからといって、なぜそこまでエスカレートしたのか。「犯人」だけでなく店の側そして警察などすべての関係者のうち誰かが、どこかで、大人の知恵、大人の対応をしていれば、ここまで来ることもなかったのではないか。何かが、いや社会全体が、ギクシャクしていて、すべてが尖がっている。
 
 ここまでくれば行くところまで行ってしまえ、とさえ思えてくる。刑法に詳しくないので、あくまで黙秘を貫いたらどこまで行くのか見当もつかない。ただ気になったのは、この事件を伝える記者のスタンスである。町に起こった奇妙な事件をただ淡々と伝えたのか。それとも…どうも分からない。事件そのものは実に些少で、そしてみみっちいとさえ言える。なぜこの事件を報道しようとしたのか。

 そのうち、その「犯人」がなぜだか可哀相になってきた。一人暮らしなのだろうか、それとも家には病身の、たとえば美子のように認知症を患っている奥さんでもいるのでは、などと考えたら、とても他人事とは思えなくなった。なぜ黙秘したのか、なんだか分かるような気がしてきた。あまりにもわが身が惨めに思えたのでは、まるでエアーポケットにストンと落ち込んだように、何がなにやら分からなくなったのでは?

 先日報じられた別の事件、つまり被災地にボランティアで出かけたのに、ポケットに十徳ナイフを持っていたばかりに何時間も警察署に拘留された青年のことを思い出した。なにか社会全体がギクシャクしていて、すべてにわたって遊びすなわち許容度の無い社会になっているように思われてならない。
 
 そして対照的に、スペインの或る祭りを思い出した。バレンシア州のブニョールという町で8月の最終水曜日に行われる収穫祭、別名「トマト祭り」ラ・トマティーナ(La Tomatina)のことである。祭りの間、世界中から町の人口の倍以上の人が集まり、互いに熟したトマトをぶつけ合うバカ祭りである。2007年時点でブニョールの人口は9720人、2008年のトマティーナの参加者は約4万人という。

 これまではなんとバカな祭りだこと、トマト好きな私にはトマトへの冒涜だ、と思ってきたのだが、もともと愚かな人間、とりわけ心が狭くなった昨今の日本人には、こんなガス抜きもたまには必要なのかも知れない。

Please follow and like us:
佐々木 孝

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

2 Responses to どこか狂ってる

  1. 阿部修義 のコメント:

     北御門二郎という人のことを思い出しました。『モノディアロゴス』2003年2月2日「ある徴兵拒否者」の中で先生が「トルストイの翻訳家として有名な方だが、その人が『人殺しになるよりも殺された方がいい』と徴兵拒否をし、しかも無事戦中を生き抜いた人である」と賞賛されていました。勿論、この「犯人」?の方とは次元の違う話ですが、二人とも物凄い信念(言葉が適切ではない)の持ち主なことは確かなように思います。この「犯人」?の方が黙秘をしないで謝罪すれば、ここまで大袈裟な報道にはならないはずです。先生も、私の想像ですが、「エアーポケットにストンと落ち込んだように」と表現されていますから、この話を聞かれて北御門二郎さんを思い出されたと私は思いました。「犯人」?の方を弁護するつもりはありませんが、権力や外部からの大きな圧力に怯まない強固な意思と不動の信念を持つことは今の時代には必要なことなのかもしれません。

  2. エトワール のコメント:

    5月中、出張等で、いろいろな街を転々としていました。ようやく家へ帰りついたところです。

    トマト陥没事件で、当初報道されていた内容は次のとおりです。

    スーパーに陳列していたトマトを指で押して陥没させたとして熊本県警御船署は31日、器物損壊容疑で男を逮捕し、発表した。 男は氏名や住所、職業などを語らず、身分証明書もなかった。12時間以上、身元を明かすよう説得しても応じないといい、同署が困惑している。 発表によると、男は30日午前10時20分ごろ、御船町のスーパーのトマト2パック(798円相当)を右手親指で押し込み、陥没させた疑いがある。店内の警備員が見つけ話を聞こうとしたが、応じなかったため同署に通報し、署員が任意で事情を聴いた。ところが、男は一部の雑談に応じるが、身元については「やっていないので答える必要はない」と回答をかたくなに拒否。長時間にわたる署員の説得にも応じないことから、同署は男を帰宅させた場合に証拠隠滅や逃走のおそれがあると判断、逮捕に踏み切ったという。男は60代前後とみられ、身長約155センチ。やせ形でうす緑色のパーカ、ベージュ色のズボンを着用しているという。スーパーでは、昨年末から同様の被害が相次いでおり、警備員が警戒していた。同署は「スーパーですぐに謝れば逮捕まで至らなかったのだろうが。 黙っているので犯行目的も聞き出せない」と話す。

    黙秘権は刑事訴訟法(第198条第2項、第291条第3項、第311条1項)で定められた大変不思議な権利です。

    日本国憲法第38条第1項の「自己負罪拒否特権」(自己に不利益な供述を強要されない権利)や「自己帰罪拒否権」(自己に刑罰が科される根拠となりうる事実に関する供述を拒否できる権利)とは異質なもので、自己にとって不利益かどうかを問わず、「自己の意思に反して供述をする」ことを強要されず、また、自己にとって不利益かどうかを問わず、刑事訴訟において、「終始沈黙し、又は個々の質問に対し陳述を拒むことができる」という大変不気味な内容のものです。

    日本の刑事裁判では、第一回公判で人定質問を終え、起訴状朗読が終わった際に、刑事訴訟法第291条第3項に基づき、裁判官が被告人に次のようにいいます。

    「これから、今朗読された事実についての審理を行いますが、審理に先立ち被告人に注意しておきます。被告人には黙秘権があります。従って、被告人は答えたくない質問に対しては答えを拒むことができるし、また、初めから終わりまで黙っていることもできます。もちろん、質問に答えたいときには答えても構いませんが、被告人がこの法廷で述べたことは、被告人に有利・不利を問わず証拠として用いられることがありますので、それを念頭に置いて答えて下さい。」

    日本では、黙秘権を行使したことをもって、処罰やその他の法律上の不利益を与えることはできず、判例上、黙秘の事実自体をもって事実を不利益に推認することは許されていません。

    イギリスでは1994年に黙秘権の一部を制限する法律が制定され、「被疑者が警告の下で取調べを受けているときに、その当時の状況において言及しておくことが合理的に期待され得た事実について言及しておらず、かつ、後の公判で抗弁としてその事実に依拠した場合には、裁判所や陪審は被疑者に不利益に推認することを可能とする」との規定ができています。この条項の下では、被疑事実について捜査機関が説明を求めた場合、被疑者が説明をせずに黙秘権を行使すると、裁判所・陪審は、黙秘権行使の事実を有罪方向に推認して、悪い心証を形成することも許されています。

    オウム真理教事件、和歌山毒物カレー事件、平野母子殺害事件などでの被疑者の黙秘権行使は、真実の解明を妨げるものだと思います。日本でも、黙秘権については、イギリスを模倣した法律改正を検討する動きが、一部にありますが、少数派です。犯罪認知件数が150万件を超えるこの国で、犯罪発生抑止を真剣に考えるのであれば、真っ先に議論されるべきことの一つだと思いますが、あまり、議論が進展していないところが不思議なところです。

    ウィトゲンシュタインは、論理哲学論考で「語りえないことについては、沈黙するほかない」といっています。ソクラテスが、法廷で黙秘権を行使していたならば、人類の歴史は変わっていたかもしれません。黙秘権は、人権や法律・法解釈の観点だけではなく、哲学的に考察されるべき性格を秘めた難問の一つなのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください