柔よく剛を制す

 最近はほとんどテレビも見なくなっていたが、それでもロンドン・オリンピックの番組はときどき嫌でも眼に入る。しかしスポーツ・ファンとしては邪道も邪道、ひたすら勝ち負けにこだわって見ている。暑さのせいだけではない。昔から純粋にスポーツを楽しむ余裕というか度量というか、残念ながら持ち合わせていないようだ。その意味では、もうバリバリの愛国者に成り下がっている。そこんところは「愛国無罪」でご勘弁願いたい。
 
 でも、たまたま見た画面で、石原知事が「西洋人の柔道ってのは、けだもののけんかみたい。(国際化され)柔道の醍醐味ってどっかに行っちゃったね」なんてことを言っていた。この人は小説家で通っているが、「西洋人」「けだもの」などという言葉遣いというか発想自体に知性の片鱗も見られない。つまり彼特有の差別意識丸出しで、都民には悪いがよくこういう人が都知事やってるな、と感心してしまう。

 たしか以前も、フランス人は数の数え方が分からない、などという問題発言があったと思うが…それでなくともこのクソ暑さ、こんな不愉快な話はやめたいが、ただこれだけは言っておきたい。つまり嘉納治五郎の創始した柔道、つまり「道」が国際化されて「スポーツ」になった以上、「技」より「体力」勝負になるのはとうぜん予想されたことで、参加する以上は、そのときどきのルールに沿った選手養成をするしかない。その意味ではこの負け戦を総括した篠原強化委員長(でしたっけ?)が「いくら技ができても力がなきゃどうしようもない」というコメントの方が正確だし理屈が通っている。

 要するにくやしかったら「西洋人」を「けだもの」呼ばわりするんじゃなくて、明日から、いや今日から、「柔よく剛を制す」柔道の根本精神をどう現行ルールの中で生かせるか、それこそ血の滲むようなトレーニングを…そんなこと知ってる? でもそこを今一度…それは無理? いやー何かまだ見過ごしてたかも知れないよ。

 ともかくだね、相手を罵倒したり泣き言いったりするんじゃなくてさ、きれいな負け方、潔い負け方をしてだね、世界の人に柔道の美しさというか、散り際の美学っていうか、それを訴えていく……何を奇麗ごと言ってるって? それもそうだね、もう言うの止めようっと。でもとにかく差別発言や相手を罵倒することはやめようよ、それこそ「民度」が問われます。

 最後にちょっと役立つ豆知識を。「柔よく剛を制す」という言葉は、「孫子」、「呉子」、「六韜(りくとう)」に並ぶ中国古兵学の一書として広く流布された「三略」の冒頭に出てくる言葉。「略」とは戦略の意味。興味ある方は、今年六月二日に九十二歳で亡くなられた我が宗匠・眞鍋呉夫氏の訳で中公文庫から出版されているのでご覧下さい。

※追記 もしかして「西洋人」という言葉自体は差別用語ではないのでは、と思った方がいるかも知れないので、ひとこと補足します。つまり言葉というものにとって「文脈」は命。文脈によっては「毛唐」や「第三国人」と同じく差別用語にもなるということです。念のため。

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

3 Responses to 柔よく剛を制す

  1. はまだ のコメント:

    また名作が生まれましたね。
    石原さんは橋下さんと同じく、多くの人が感じていることをすくい上げて言葉にしてみます。それで人びとは溜飲を下げる。そこで終わらせず、議論をもう一段の高みへともっていくのが知性ですね。

  2. fuji-teivo のコメント:

    はまだ様 
     これはまた涼しいところからのコメント、ありがとうございます。中標津の佐伯牧場のHP覗いてみました。いやー羨ましい。帯広生まれだから分かりますが、北海道は日中どんなに暑くても朝晩は毛布が必要なくらい涼しい。暑さにうだってる身にとって、このあまりに残酷なまでの差。
     でもどうぞ存分に北海道の夏を楽しんでください。ではまた。

  3. エトワール のコメント:

    柔道は、世界中に普及し、国際柔道連盟の加盟国・地域も199カ国もあります。日本以外では、欧州、ロシア、ブラジルで人気が高く、フランスの登録競技人口は50万人を超え、全日本柔道連盟への登録競技人口20万人を大きく上回っています。

    柔道の国際化が進む中、海外の柔道の試合は、ポイントを狙う試合展開になっていましたが、近年ルール改正が進んでいます。以前の国際規定では判定の種類に「効果」がありましたが、2009年1月1日から「効果」は、廃止され、「一本」、「技あり」、「有効」の3つでシンプルに判定されるようになりました。また、2010年から、「抱きつき」や「タックル」等を制限して、クリンチをしたり、足取りばかりを繰り返す本来の柔道にはなかった試合展開を規制しています。これらは、原初の柔道への回帰を目指す大変素晴らしい改正で、高く評価されてよいものだと思います。外国の柔道は、今では、力に任せたポイント柔道ではなく、一本を目指す純粋に技を追求した柔道に変貌していますし、一本率は、国内の大会を大きく上回っています。

    アメリカの国技といわれたベースボールの世界大会(ワールドベースボール)は、日本が二連覇していますし、イギリス発祥のフットボールの女子ワールドカップ優勝国は、日本で、オリンピックでも、決勝進出を決めています。

    発祥国以外の国から優勝者が出ることは国際化の進展を示す、大変素晴らしい出来事なのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください