このホームページはプロバイダーであるニフティの無料サービス「サクサク作成君兄貴」で運営してきたが、そのサービスも十一月六日で打ち切られ、新しいヴァージョンに引っ越すか、それとも市販の別のソフトを使って新しいホームページを作るかの決断を迫られていたのだが、今日の午前中、何気なくパソコンをいじっているうち、よし新しいヴァージョンに移ってやれ、と作業を始めてしまった。
 「論文集」や「作品集」などかなりの容量のデータはまずハードディスクに保存してから、などと漠然と考えていたのだが、なんとその作業をしなくともすんなりいつのまにか新しい家に据え付けられていた。ありがたいことである。考えてみれば、それらはもともと付いていたのではなく、途中からいわば重ね着したものなので、こうなったのであろう。だが正直言ってどうしてそうなるのか、皆目見当がつかないのである。
 ともかく、今回のヴァージョンは、これまでのものより機能的にもスペース的にもかなり自由度(?)が増しており、少しずつ改良を加えれば見やすく使いやすいページになりそうである。
 ところで話は変わるが、明朝六時半にI君夫妻が車で迎えに来てくれるそうだ。紅葉狩りなど今までやったことがないので、楽しみである。クッキーのことが少し心配だが、まっ少しばかりウンコまみれになっていることを覚悟しなければなるまい。

佐々木 孝 について

日本のスペイン思想研究者。1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。6年間の修道生活の後、1967年同会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授を経て、1982年教授となる。1984年常葉学園大学(現・常葉大学)でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、講師として専門のスペイン思想、スペイン語を東京外国語大学、駒澤大学、法政大学、早稲田大学などの大学でも教える。2002年、定年を前に退職、病身の妻を伴い福島県原町市(現・南相馬市)に転居。以後16年にわたり、富士貞房(ふじ・ていぼう、fuji-teivo、――スペイン語のfugitivo「逃亡者」にちなむ)の筆名で「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。作家の島尾敏雄は従叔父にあたる。2018年12月20日、宮城県立がんセンターで死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク