緊急情報!

★昨夜、ロブレードさんから、今晩スペイン・テレビの第2チャンネルで『原発禍を生きる』スペイン語版の紹介番組が放映されるそうです。日本時間夜8時16分からですので、以下のアドレスにぜひアクセスしてみてください。

    http://www.rtve.es/television/la-2-directo/

★★ いま(12日10時)ロブレードさんからメールが届き、放映は最後の段階で延期されたそうです。お騒がせしました、申し訳ありません、日時が決まったら又お知らせします。

 根が楽天的な私ですから、こんな良書はもっと本格的に紹介せねば、と考え直したのだ、と思うことにしました。

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

2 Responses to 緊急情報!

  1. 阿部修義 のコメント:

     スペイン語版『原発禍を生きる』を出版されたことに読者の一人である私は、この本の最初のページ2011年3月10日「無用の心配」が大震災の前の日に書かれたことに非常に意味があり、2001年から執筆されて来られた重みが凝縮されていると感じます。先生はこの「無用の心配」の中でウナムーノの言葉を引用されています。

     「ここに残すのは、私の魂なる書物、掛け値なしの私の人間性そして世界だ。もし君が何かに強く心動かされるとしたら、読者よ、君の中で心動かしているのは、この私だ」。

     私は、このウナムーノの言葉を大震災の前の日に、何故、先生が引用されたか、いつも不思議に思っています。『原発禍を生きる』を執筆された後に、この言葉を引用されたとしか思えないほど『原発禍を生きる』の最初のページに相応しい言葉だと思います。そして、ウナムーノの生誕の地で出版されたことに、人智を超えた「祈り」のような感慨を私は抱きました。

  2. 阿部修義 のコメント:

     追記 2001年からと書いてしまって、『モノディアロゴス』は2002年から先生が執筆されたことを訂正しようと思っていたところ、『切り通しの向こう側』の中の「モノダイアローグ」(『青銅時代』第二十二号 1979年)を読んでいて、『モノディアロゴス』の原形としての最初の文章はこれではないかと私は思いました。恐らく、先生が『モノディアロゴス』を執筆されようと構想されたのは1979年からだと思い、1979年からに訂正させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください