明けましておめでとう

   謹賀新年

    暮れに家族全員風邪気味でしたが、美子だ
   けはずっと元気でした。最近めでたく古希を
   迎えた美子(下はその時の写真)は、今や我
   が家の太陽的存在です。
    私は相変わらず「モノディアロゴス」を発
   信し、脱(反)原発のために頑張ってます。
   ブログ上方の「取材映像」にもその様子が映
   ってますが、近く韓国EBSテレビの映像も
   加わりますのでぜひご覧下さい。
    皆様のご健勝を切に祈ってます。

        二〇一四年元旦  

 以上が今年の年賀状の文面です。実際は美子の古希の祝いの時の家族写真を下段に入れました。本当はここにも入れたかったのですが、はがきの方には何とか縮小ソフトを使って入れましたが、私のパソコン操作ではそれが精一杯です。ともあれ、本年も皆様どうぞよろしくお願いいたします。

Please follow and like us:

佐々木 孝 について

佐々木孝(ささき・たかし) 1939年北海道帯広市生まれ。2歳から引き揚げまでの5年間を旧満州で暮らす。1961年上智大学外国語学部イスパニア語学科在学中にイエズス会に入会。1962年同学科卒業。5年間の修練生活の後、1967年イエズス会を退会、還俗する。同年上智大学文学部哲学科卒業。1971年清泉女子大学講師、助教授、1982年教授となる。1984年常葉学園大学でスペイン語学科の草創に参加。1989年東京純心女子短期大学・東京純心女子大学(現・東京純心大学)教授。その間、東京外国語大学、駒沢大学、法政大学、早稲田大学などでも非常勤講師を務める。2002年定年を前に退職、病身の妻を伴って父祖の地・相馬(福島県南相馬市)に転居。以後16年にわたり「モノディアロゴス(Monodiálogos: ウナムーノの造語で「独対話」の意)」と題したブログを死の4日前まで書き続けた。担当科目はスペイン思想、人間学、比較文化論、スペイン語など。2018年12月20日、小細胞肺がんのため宮城県立がんセンターにて死去(享年79)。
カテゴリー: モノディアロゴス パーマリンク

1 Response to 明けましておめでとう

  1. 阿部修義 のコメント:

     年を重ねるにつれて一年という時間が過ぎていく早さを実感するのがお正月なのかなと年賀状を見ていて感じています。
     
     先生、今年もモノディアロゴス楽しみに拝読させていただきます。私はモノディアロゴスと出合って二年という短い読者の一人ですが、少しずつですが自分の人生観が変わってきているように感じています。昨年の八月にNHK・ETV特集「ガタロさんが描く町 清掃員画家のヒロシマ」を見ていて妙に感動してしまいました。使い古された清掃道具をガタロさんが精魂込めて描かれた絵に、本当に美しいものとは何かを悟らされたように思いました。これも、モノディアロゴスを拝読して感じ取れたものだと思っています。脱(反)原発は私も先生と同じ考えを持ってます。今年もモノディアロゴスを通じて、自分なりに原発のない社会を実現するために熟考し、何らかの具体的な行動もやっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください