『原発禍を生きる』スペイン語版紹介番組

★2013.6.18放映 スペイン・テレビの第2チャンネル
★『原発禍を生きる』スペイン語版の紹介番組

Para Todos La 2 – Reportaje: Fukushima

17 jun 2013

El 11 de marzo de 2011 a las 14:46h tuvo lugar el terremoto y posterior tsunami que asolaron la central nuclear de Fukushima Daiichi. Más de dos años después, se acaba de traducir al español el libro “Fukushima, vivir el desastre”, un conmovedor relato de aquellos días escrito con humor, acidez e ironía. Son las palabras de un hombre que decidió quedarse en el lugar, a pesar de la radiación.

1 Response to 『原発禍を生きる』スペイン語版紹介番組

  1. 阿部修義 のコメント:

     先生、ご返事ありがとうございます。原発問題は、先日の自民党の政調会長の発言を聞いていて日本国内では解決できないと思いました。世界的規模で反原発の流れを作っていかなければなりませんが、先生のようにスペインに精通している識者が海外に発信されることは今後大きな意味を形成していくはずです。道のりは遠く長いものでしょうが、放射性物質を使った電力供給が、人類にとって、いかに危険でおかしなことかを主張し続けることは極めて大切なことだと思います。ヨーロッパ圏は反原発の突破口になるんじゃないかと個人的には考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください