原発難民行進曲

以下のものは「麦と兵隊」(昭和13年 作詩 藤田まさと 作曲 大村能章)の替え歌です。メロディーをご存知でない方は、ゆうちゅーぶで美空ひばりさんなどたくさんの歌手が歌ってますので、どうぞそのメロディーに合わせてお歌い下さい。自分から言うのは変ですが、不覚の涙が出てきます。

除染除染とだれもが叫ぶ
除染終われば住みよいか
思いあぐねて振り返りゃ
原発夕陽に照り返る
あゝ無念の浜街道


ライトを頼りに夜道を行けば
いとし我がベコ慕い寄る
「すまん、すまん」と撫でてはみるが
いつまた会えるか分からない
涙こらえて 星空仰ぐ


今日も晴れ行く相馬の空を
雲雀悲しく鳴いている
遠く見ゆるは国見の山か
山菜取るのはいつの日ぞ
婆さま(ばさま)すまねえあの世で探せ


眼(まなぐ)上げれば百尺観音
今日も静かに笑ってる
馬鹿な民草(たみくさ)哀れんで
独り平和を祈ってる
蓮(はす)の清(すが)しさ美しさ


行けど進めど道なお険し
業の深さよ惨めさよ
安楽・利便の後のみ追って
袋小路に迷い込む
原発難民どごさ行ぐ

1 Response to 原発難民行進曲

  1. 佐々木 孝 fuji-teivo のコメント:

    エトワールさんに道筋をつけていただいたおかげで、大きく動き出したようです。さらに菅さん川口さんのご尽力によって、男性コーラスによる「原発難民行進曲」がそのうちゆうちゅーぶで聴くことができそうです。皆さんの応援をいただいて、この替え歌がたくさんの人の胸に響いていけば嬉しいですね。

コメントは停止中です。