青山学院大学英文学会会報(1966年)

先月の大地震で本棚から崩れ落ちた本の中から見つけたもの。英語堪能でなかなかの秀才だった母。青学を次席で卒業したと言っていたが、病を患って四半世紀近くが経ち、その辺りのことももはや確認できない。この会報もこのまま再び日の目を見ることなく、忘却の彼方へと消えていくところだったが、ここに掲載し、母の存在証明のささやかな企てとしたい。父も喜ぶだろう。

カテゴリー: モノディアロゴス | コメントする